2008年06月19日

秋冬ものの営業中 in 鎌倉

6月はじめの卸しのお客様向け展示会が終わった後は、どきどきしながら、小売店さんの注文を待ちつつ、ボリビア、ペルーとネットを使って打ち合わせをしたり、商品のタグつけをしたり、営業に回ったりしています。

一週間以上前の話ですが、梅雨の合間の晴れた日に、鎌倉のnavy yardさんに秋冬のサンプルを見てもらいに行きました。

20080619postcard.jpg

写真は昨シーズンの秋冬のnavy yardさんのお店のポストカード。右の上下2つの写真にはなんとPUENTEの商品が!!!(うれしいーーー。)

昨年の秋冬から商品をお取扱いただいていて、今回の新作の相談にも乗ってもらって、大変お世話になっています。

navy yardさんは、由比ガ浜大通りの六地蔵という交差点のすぐ近くにあり、木材をたくさんつかった白いインテリアで統一されていて、商品が居心地よさそうに並べられています。
カウンターがあって、土日はカフェ&バーにもなるステキなお店です。皆さん鎌倉へ行く際には是非行って見て下さいね!

cabanというブランドでシャツなどのお洋服を作られていて、
以前からお店に伺う度に、気になっていたcabanのシャツ。普通のシャツとは一味違う。ボタンが分厚くてかわゆくって、ポケットが長細かったり。襟の内側の布が違ったり。
日本の職人さんが縫製している、綿や麻のシャツはいいお値段なのですが、、ついについに、、買ってしまいました!

shirts.jpg

すでに、1週間で3回も着るというヘビーローテーションで、大のお気に入りです!

navy yardさんを後にして、大好物のこ寿々のわらびもちをぐーっとこらえて、ゴロゴロとカートを引いて弓ヶ浜へ。

海!営業で海に来れるっていいなあ。いっせいに海の家を建てているところでした。毎年使えるように、木材で骨組みを組み立てていました。夏がすぐそこなんですね。

その後、歩いて長谷のMiddlesさんに先日の展示会に来ていただいた御礼に。先住民族のクラフトショップをされていて、Hugoさんの陶器ミニミニボリビア人シリーズや、いいアクマくん、タリスキア村ポーチや、アワヨのポーチ類など衣料品以外をお取扱していただいています。

そして最後に、由比ガ浜の目の前の麻心へ。
このカフェには鎌倉へ来る度に来るほどお気に入りのところ。
オーナーのしんじさんは、兄貴のように相談にのってくれる人です。
体にやさしいお料理を出してくれるお店で、心も体ほぐれます。
オススメです!

こちらでは、PUENTEのお客さんとして知り合って、今では仲良しのカップルと夕飯を食べました。9月の二人の結婚式にも呼んでくれるって。

お仕事を通じて、たくさんのステキな人達に出会えて、応援してもらって。この環境に感謝です。





posted by PUENTE at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鎌倉ではありがとう!
ボリビア帰りのこちゃちちゃさんに会えて嬉しかったあ。
そしてスペイン語ワールドも、とても素敵でした!
また遊びましょう♪
Posted by ちい at 2008年06月24日 22:24
ちいさん

先日は、お二人と麻心でゆっくりお会い出来てよかったです。また、鎌倉行きたいな。
何か楽しそうなことあったら誘って下さい。
Posted by PUENTE at 2008年06月26日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。