2008年08月08日

8月6日は広島平和記念日であり、、

この時期になると、メディアでは63年前に広島と長崎で起こったことが二度と起こらないように、さまざまな特番が組まれていますね。

日ごろ、無知で不勉強な私はこのような機会に見させてもらいます。

今日木曜日のNHKスペシャルの内容は、アメリカの軍のカメラマンが長崎での原爆投下直後の惨状を撮影し、その後アメリカに戻って、葛藤がありながらも、人生の後半、自分も被爆による病と闘いながら、自分が隠し撮って、43年も封印していた写真を世界に発信し、アメリカ中から非難を受けながらも、原爆を投下したことを過ちであったと訴え続けた。というものでした。
詳しくは、、、
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080807.html

そのカメラマン、ジョー・オダネルさんは昨年なくなられてしまったのですが、今はその息子が後を継いで、その写真を広め続けようとしているそうです。

「戦争を早く終わらせるために、この子供たちの母親を殺す必要はなかったんじゃないか?」
こんな当たり前と思えるような思いも、ほとんどのアメリカの市民からは共感を得ず、非国民扱いされていた中、
「たとえ小さな小石でも、その波紋は確実に広がって行き、同じ思いの人たちが少しでも増えていけば、いつかはアメリカという陸にたどり着くはずだ」と言っていたそうです。
そして、息子の代になり、その共感はたとえ少なくても、確実に広がってきているそうです。
世界中の人が、過去に起こった出来事に目を背けずに、未来にいかせられたらいいなと、思いました。


posted by PUENTE at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104377821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック