2006年01月04日

San Antonio de Lomeiro村の年越し

私がこの年越しで滞在していた村の年越しの様子。

年越しに向けて3日ほど前から、チチャ(トウモロコシの発酵酒)
を各家で作り始めていた。大きなカメで二日ぐらいぐつぐつやってから、発酵させる。(写真のカメ)
置けば置くほど、発酵してアルコール度が増すけれど、たいして強くはない。
chicha_gama.jpg

31日は午後からは、豚の仕込み。
庭で飼われていたおばあさん豚が生贄に。
豚を釜で焼き、それがメインとなり、チチャをがぶがぶ飲みながら、
(子どもも)、家族、親戚一同が集まり、夕飯が豪勢に振舞われる。

私がこの31日に招待された家は、市長(村長?)の家で、
28人の家族が集まった。おばあさんから曾孫まで。

ちなみにこの家族、「日本人に似ていますね。」と言ったら、
「私たち日系です!」と。父親の世代で3世か4世ぐらいだそうだ。
スマミという私には馴染みのない日本の苗字。

その夕飯後、あるものはミサに行く。
そして11時半過ぎから、村の中心の広場、教会の前で、
「VIVA SAN ANTONIO DE ROMEIRO! VIVA BOLIVIA!(サン・アントニオ・ロメイロ万歳!ボリビア 万歳!」などを叫び合う、集会??演説??が始まり、12時を迎えたその時から、村の老人を中心とした音楽隊が音楽を奏で、その周りをみんなが手をつないで輪になって踊る。

人々はそこにいる人全てに「明けましておめでとう。いい年になりますように。」
と言って抱き合って、ほっぺにチュ!をして挨拶をして回っていた。

私のような外国人にも多くの人が、あたりまえに挨拶をしてくれた。老人もごく自然に、普通に挨拶してくれる。

輪になって踊るこの踊りは、決して難しいものではなく、私も一緒に踊って楽しめた。
みんなが一つになるように。という願いが込められた踊りだそうだ。

おばちゃん、おばあちゃんも元気に踊っていた。おばちゃん、おばあちゃんになるにつれて、この地域の民族衣装ティポイを着ている人が多かった。

tipoy1s.jpg
いつもは10時で消灯のこの村も、この日は1時半まで灯りがともった。
1時ぐらいには、それぞれ各自の家に行き、親族単位で、朝まで、チチャを飲みながら踊る。笛に太鼓に、、、。この地域発祥の踊り以外にも、サルサのような踊りもここでは踊られていた。若者もいるからかな?
とってもにぎやかで、夜明けごろには、大半の人がよっぱらい。さらに踊り、飲み続ける。
そんな中子ども達は、すやすや眠っていた。

私は1日の朝のバスでこの村を出発したけれど、、1日も二日酔いながら、まだチチャを飲み、ゆっくりしているのだろうと思う。


posted by PUENTE at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビアの生活・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。