2009年08月02日

遠足のお昼

almuerzo4.JPG

さて、朝ごはんも終わって9時にオフィス集合の遠足へ。

9時、まだ一人しかいない。しかも鍵を持っているオルガが来ないので外で待つ。
また眠くなってしまって仮眠。9時45分ごろみんな揃う。日本で言うハイエースサイズの車を借り切って、オーブンで焼いたアルパカ、ジャガイモをピックアップして、出発。
私はバナナとりんごを人数分持って行く。

enBus.JPG

バスの中はこんな感じ。
しかもこの後、ララケリ村周辺のメンバーたちが乗り込んだ。運転手入れて総勢20名。20名が入ってしまう!!

プーノから一段と高いララケリ村へ行く道の風景は面白い。
険しい山々に囲まれているわけではなく、平坦な道が続いたり、写真のような不思議な台地が現れる。

paisaje_a_camacani.JPG

いったいどうしたらあんな形になるのかな。

ララケリ村からさらに15分ほどで温泉に到着!

どんな温泉?その前に腹ごしらえを。

各自用意してきたジャガイモ、チューニョ、オカ、チーズ、揚げパンを中央に広げる。

almuerzo1.JPG

そこからみんなで取って食べる。
この輪がなんともうれしい。
手づかみだっていいんだよ。
ジャガイモ、チューニョ、オカなどの芋類は、布やアルパカで編んだ織物に包んで持ってくる。
エコロジーな包装です。

アルパカのお肉は、高タンパク質、低カロリーです。味も十分にしみこんでいておいしいけれど、
筋張っていて食べるのが大変。
(となりのおばちゃんは、前歯一本だったけど奥歯は健在かな。どうやって食べているのかな。)

談笑しながら、ゆっくり食べた。
みんな結構くつろいで、アイマラ語で話していたりすると、何を話しているのかわからない。
アイマラ語、、なかなか聞いていて覚えるわけではないみたい。もっと覚えようとする意志が必要なんだなあ。



posted by PUENTE at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 生産者(ペルー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アプタビいいですねえ〜
初めて見たときは、布に食料を包んでいるのに大変違和感を感じましたが。

Posted by 杉山さん、 at 2009年08月03日 00:43
みんなで分け合って食べるというのがいいですよね。

汁物は布には包めませんが、イモ類ならOKですよね!

最近も杉山さんは村を訪ねて土着の音楽をお調べになっているのですか?

ラパス行ったら、いろいろお話聞かせてください。
Posted by PUENTE at 2009年08月03日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。