2009年08月03日

温泉

gensen3.JPG
(源泉付近でくつろぐARTEAYMARAのメンバー)

たらふくお昼を食べた後、すぐにも温泉に入ろう!という感じなので、

胃を休めるために30分ぐらいは置いた方がいいんじゃないかと、、、

みんな「へー知らなかった。」といっても、みんな待ちきれない。
とりあえず、源泉を見に行くことに。

gensen2.JPG

かなり高温。これを山の水と合わせている。


さて、温泉。。どんな温泉?

onsen2.JPG

露天風呂。。。。
男女の区別なし。。。。
一人1ソル(33円)

畳一帖ぐらいの深い風呂が5つほど並んでいるのが2箇所ほど。
人が入るごとに湯を入れ替えるので、たまるまで待たなければいけない。
なのに一組20分という制限がある。(別に守ってなかったけど)

お湯の番人のような男性が二人、常にうろうろしている。
(下の写真の左に立っている女性はアルテアイマラのメンバーだけれど、彼女のいる位置などに番人はいる。)

次の人と入れ替えるときはこの人たちがブラシでさっと洗っている。

着替える場所はブロックで低い囲いがしてあるぐらいで、丸見え。

男性は大体下着か水着で入っていて、
女性はいろいろ。下着やタンクトップを着て入っている人もいれば、
上半身裸の人も。

onsen3inside.JPG

混沌としている。
(ボリビアで入った温泉はもう少し秩序があって、個別か男女別であったのにな。)

私は最初少しためらったけれど、
ぬるい方のお風呂コーナーでみぞおちまでつかることにした。
お湯がいっぱいたまっているところから、自分の穴のようなお風呂にしてある栓を(ビニール袋)を抜いて、
お湯をため始める。

真っ裸になる勇気はなかったので、上はタンクトップを着て。
(日本でも半身欲をしているから同じこと。)

しかし、下半身は何もつけてないので、番人が現れる度、
上から見下ろされている感じで、体育座りをしてバツが悪い。

そんなときに、ついうっかり、タンクトップをぬらしてしまい、
温泉あとは上半身は1枚少なくなる。

十分に30分以上は浸かれたので、体はポカポカに。
着替える時も番人はうろうろしているので、5分だけ外で待ってくれとお願いする。

みんなが温泉に入ったわけではなかった。
温泉に入ると体にいい。という認識がある一方で、
入った後や次の日は疲れるから入らないという人もいた。
そんな彼女たちは、せっせと私の注文した商品を編んでいた。

tejiendo_jasinta.JPG
(ハシンタは、午前だったらお風呂に入ったけど、これから、ララケリ村から2時間歩いて村に帰るのを考えると、もう入るのをやめると言っていた。わざわざ温泉に入るのに毛布を持ってきたという。毛布???をどう使うのだろうか?)
posted by PUENTE at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ペルーの生活・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
落合さんこんにちは!
いつも楽しく読ませていただいています♪
ペルーの温泉、日本のものとは全然違うんですねー
でも、温泉を楽しむ心は世界共通なのですね
また現地リポート楽しみにしています^^
体には気を付けて頑張ってください!
Posted by kiku at 2009年08月04日 11:42
kikuさん

コメントありがとうございます。

お名前をヒントに、、西武沿線のkikuさんでしょうか?間違えていたらごめんなさい。

いつも読んでいただきありがとうございます。

ペルーの人たち(ボリビアの人たち)で標高が高いところに住んでいる人たちは、私の知る限り、家では湯船にはつかっていないと思います。(かなり裕福な人以外)
水のシャワーという人たちもいます。

だから、温泉につかるというのはかなりな非日常なことなのかなと思います。

あと、数が圧倒的に少ないかな。

ちなみに石鹸は使うなと書いてあって、ぜいたくにも一人ずつ、お風呂を入れ替えるのです。でも環境にはいいですよね。


自分でもまたこの温泉に行ってみたいと思うのですが、(今度は湯船につかるよう下着も上下持って)近くのララケリ村まではバスがあっても、この温泉にはタクシーをチャーターして待たせないといけないようです。

このあたり、温泉行き定期便がないほど、そこまで温泉人気じゃないのかなあ。なんて思います。

あと、この温泉、標高はたぶん4100M以上。だから上がった後、プーノというところに戻るまで約1時間半、そうとう厚着しないと風邪引きそうです。

今は、商品チェックが終わらないので行けませんが、隙を見て、また行ってみようかな!
Posted by PUENTE at 2009年08月04日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック