2009年08月06日

商品の草を取りながら8月6日を思う

20090805の成果.jpg

8月5日の今日も、もくもくと商品チェックをしていた。
今日の10時間半の成果はこれ。これだけ、、、ガクン。。
まだまだ、各商品は半分以上未チェックのものがある。。。それは、やり直しのものだったり、まだ編み途中だったり、、、これから編むのだとか、、、
当初の一週間でプーノでの商品チェック全て終了という予定は、なんと甘い計画だったのだろう。(ほぼ編み終わっているという情報はいったい??)チェック中、各グループの代表の人に、
なぜ私に見せる前にちゃんとチェックをしてくれないの?とか。
私には見つかるこの草が、この毛糸の未処理をどうして見つけてくれないのとか、ついつい愚痴が出てくる。

つくり手たちは、「ちゃんと見たのに、、」と、目ざとく改善ポイントをどんどん見つけ、商品をはねる私に驚いている。

私はやりきれない思いを抱えながら、とにかく、手だけは動かして、日本はもう8月6日だなあと思い(時差が14時間あるので)、いろいろ考え始める。

いろいろのはじまりは「原子力情報宅急便」というメールマガジンにあった、記事のこと。

それによると、今アメリカではオバマ政権が、核兵器の役割を他の国の核兵器に対する抑止力だけに限定することによって、大幅に核兵器の数を削減しようとしているのに対し、日本政府が懸念を示しているという。

↓憂慮する科学者同盟(UCS)のグレゴリ・クラキ氏の発言
http://www.youtube.com:80/watch?v=itFI87hixy0

唯一の被爆国の日本がなぜ。

毎年8月6日、8月9日に行われる広島と長崎での式典であれだけ核廃絶の世界を目指していくって、首相たちが言っているはずが、これは本当だとしたら皮肉なこと。

今年の5月末に私は初めて広島を訪れた。(営業で)
そして資料館などを訪ね、実物、映像、文章、証言、再現イメージなどで改めて、今までになく原爆の恐ろしさを感じ、一瞬にして多くの人の人生を狂わせた兵器を使用した人たちに怒りを覚えた。

その資料館には、過去に起きた核兵器事故の年表があった。
kakuheikijiko.jpg

アメリカ、ソ連、イギリス、、先進国がどんどん地球を汚している。つい最近も北朝鮮が核実験をしてたし。

核兵器使用が検討された事件という年表もあった。これには無知な私はおどろいた。勝手な!
kentou.jpg

検討していたごく一部の地球人、母体である地球のこと、そこに生きる罪がない同じ地球人のことをなんと軽視しているのだろう。
理解を超えている。

あと、核兵器と原子力は私は同じようなものだと思っている。

核兵器を使います。

爆弾であなたの国の原子力発電所を破壊します。

日本には原子力発電所が50基以上あって、それが一つでも何かがあって放射能が大量に漏れたら、広島、長崎での被害よりもはるかに大きな被害が出るらしい。

日本は地震大国だから、今ある原子力発電所も実は断層の上にあったとか、地震の研究者たちからすれば、どこにだって地震は起こりうるらしいし、、、つまりは私たちはいつでも自滅しちゃう爆弾をいっぱい抱えているってことではないだろうか。いやすでに、原子力発電所が存在し、稼動していることで、目には見えづらいけど、確実に環境に、そして人体に悪影響を与えている。
(目に見えないものにはどうしても、私たちは敏感になれない。放射能に色だったりにおいがあったらなあ。)

横須賀港にいるアメリカの原子力空母もその一つ。
横須賀港=東京湾 横須賀=関東全域??

なんと、怖い世の中なんだろう。

原子力がないと今の生活は維持できない。なんて人が多いかと思う。

でも、田中優さんの講演を聞いたとき、それもまやかしなんだという説があった。

さらに、たとえ今の生活が維持できなくなったとしても、未来に汚した土地を残し、多くの人命を失う可能性があるような、電気は使わない方がいいんじゃないかと思っちゃだめなのかなあ。

電気をいっぱい使わないと、回っていかない世の中なんて、つまらないなあ。しかも電磁波だらけなんじゃないかな。

オール電化なんて、CO2削減よりも危ない?

オール電化のCMや核廃棄物を地中深くに埋めちゃえば大丈夫ってCMに出ている芸能人にはがっくりだし。

ヒマラヤ山脈だって海の生物が化石で見つかってるんだから、いつかだんだん地表に近くなることだってあるんじゃないかな。、、、未来の誰かがその塊を壊しちゃったらどうなるの?

ボリビア、ペルーには原子力発電所はないから、、ここの人たちはまずは一安心?

ペルーのアルテアイマラの人たちには広島平和資料館に行って来た話をしたけど、ボリビアでもつくり手の人たちに同じように話をして、いつか「ボリビアにも原子力発電所を」なんて日が来たときには反対したいな。
とか。

いろいろ考えながら、ちゃんと手は動かしました。

みなさんは、こういったことをどう思いますか?
このブログを見てくれている私の友人知人と時にはこんな話をしてみたいなと思います。(よかったらいつか話しかけてください。待ってます。)

8月は敗戦記念日に向けて、NHKやBSのNHKなどで、戦争を振り返ったりするドキュメンタリーが多いですよね。

あさってにはボリビアのラパスに入り、ラパスの私が借りている部屋ではケーブルテレビで日本のテレビはNHKのみ見れるので、うまく時間が合えば見てみようと思います。

以上、まとまりがない文章で失礼しました。

明日は、カマカニ村に出張して、商品のチェックをします。タートルネックセーターのチェックです。ドキドキドキ。

おやすみなさい。


posted by PUENTE at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。