2006年02月22日

色々大変です

3月10日に日本に帰ります。

それまでに、注文した商品をできるだけ回収し、間に合わないものは日本に送ってもらい。。(これはかなりデンジャラス。商品チェックができないわけで、、)
とラストスパートを自分なりに考えていたのに、、、

未だに手編みの生産者は間違えまくり、、、、
経験豊富な人は、新しいデザインでも自己流で、デザイン指示書と通りにやってくれないし。。。

今日、ラパスの山奥から商品を納品しにやってくるはずの人は連絡なし。(携帯に着信あったけど、取り損ねた。もう一度かけてくれよ!!)(明日からラパスにいないので、納品は無理。きっと怒って帰るんだろうなー。)

前日記にも書いたナチュラルシードアクセサリーの生産者に、30分くらい電話をかけつづけ(村に1個しか電話がない)やっとつながって、電話のあるところから相手を呼んでもらい、もう一度電話する。また全然つながらなくってやっとつながって、、

そしたらなんと、
来週の1週間のどこかでサンタクルスで納品してもらいたいというこっちの希望は全く無視され、今週の木曜じゃないと無理の一点張り。会話にならない。私は木曜はラパスにいなければいけなく、無理だと言うけど、相手は譲らず、、、、刻々と電話代だけがかさむ。。。
「私、、客じゃ。。。こっちは1週間のオプションを出してるのに、そっちは1日だけの指定。この不公平さは何なんだー!!!」

やむなく、全ての予定を変え、急遽明日の午後6時にバスに飛び乗りサンタクルスに行くことになるのだった。。。。

この生産者の代表者とはびっくりするくらい、電話では、話が通じない。会ってじっくり話し合わないと、今後の取引は難しいな。。。

そうそう、
村からバスが出ない可能性もあるとのこと。(雨季で、道が悪すぎる)でもラパスから飛行機でブーンと1時間で行くわけではない私は、もう見切り発車で明日出発。18時間。その道のりも雨季だけにこわいし。。。

アヨレヨデ族のバッグも一緒に納品してもらいたいから、全て来週で済ませたかったのに、、来週は前半はカルナバルで祝日気分だし。
この時期が悪いのか???

いらいらしちゃってた私は、商品の梱包時、手のひらを切るし。
久しぶりに血をみた。

材料やの女主人は、私と一緒にいたアルゼンチン人を見て、商品の価格を吊り上げるし!!(前と価格が違うので、その領収書を持って再度明日交渉だ!!)

あー。こんなハプニングばかりで、、無事商品と一緒に日本に帰れるの???
自分のこの無計画さが行けないのよね。。私の計画なんて、ボリビアの生産者からすればどうってことないわけだし。。。。

明日の出発まで寝ないで頑張るぐらい、予定の変更にあたっての作業をしないとやばいぞ!!!

木曜日の編物グループへの指示も書類でするだけになっちゃう。。とっても心配だ!!絶対間違われそう!!!ぎょえー。


posted by PUENTE at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルーでの出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。