2010年07月12日

ラパスの週末

ワールドカップついに終わりましたね。

こちらは日曜日のお昼2時から決勝戦。
やたらとニュースでは、勝敗を占うたこがスペインの箱に入っていったというのが、さかんに言われており、私のまわりでもその話が。

この家の主、クリスティーナとその彼マルコは、決勝戦をおおいに盛り上がりなら、見ておりました。

しかし私はその時間、ゆっくりお昼寝をするという、ワールドカップにまったく熱の入らない人間でした。

私はその前の土曜日は、夜まで作品チェックをした後、
食事を作って、日本人の友人たちとたらふく食べ、
(ユカという芋の粉と小麦粉をまぜて作ったチヂミに、
3種類の芋といろいろ野菜が入った味噌ゴマ重ね煮の芋なべに、
大豆のお肉のから揚げに、野菜具沢山スープ、サラダ)
ワインを一人一本ペースで開けてしまい、
突如、調子にのって久々のカラオケに行くことになり、寝たのは3時すぎでした。

なぜかボリビア人経営と思われるカラオケやですが、日本人の曲がいっぱい!(といってもちょっと古めです。ただ私たちにはちょうど良い感じ。小学生〜高校生ごろ聞いていたなつかしソングを記憶を頼りに歌いました。)

カラオケはパブ?っぽく、みんながいるところに、ステージがあって、知らない客の前でも歌うというタイプがこちらでは一般的かもしれませんが、

私たちがいったところには個室も別にあり、私たちは個室で4人で3時間。
というから、結構歌いました。


そして日曜日の午前中は、
同居人のクリスティーナがブラジル人でボリビアに住んでいるモニカさんという方に足のマッサージ、リフレクソロジー?をやってもらっているので、
私もやってもらいたくなって、思わず至福の時を過ごしました。やみつきになりそうです。

お昼もまたゆっくり食べたら、寝不足と、リフレクソロジーのリラックス効果か、、ちょうどサッカー決勝戦の時間は眠くなってしまったわけです。

クリスティーナの彼氏、マルコからは、日本人はそこまでサッカーに熱狂的ではないの?
と聞かれてしまい、

熱狂的ってどの程度?と聞いたら、

サッカーの試合を見るために仕事休むぐらい。と言われ、、、

一部の人はそうかもしれないけど、全般的にはボリビア人ほどではないかもね。。。
と言っておきました。

こちらの人たちのサッカー熱といえば、
アルゼンチンとボリビアが、この標高3600Mの高地で試合をして、勝ってしまったという奇跡の試合があったのですが、確かにその日は、マルコもマルコのボスも仕事を切り上げて試合を見ていて、試合後は、街がお祭り騒ぎになりました。

サッカー好きのマルコのオカダジャパンへの評価は、

「かなり体を鍛えていて、守りがよかった。最後まで疲れず走っていられたから、すごいと思うよ。」

ということです。

オランダの全試合では日本だけ1点、他のスペイン以外の国には2〜3点だったようですから、そういう意味では日本は頑張ったのかもしれない?

私は全くサッカーのことを知らないのですが。


日曜日の夜には、クリスティーナの仕事の関係者が来ました。
彼女はNGOで路上で働いている未成年の子供たちとプロジェクトをしています。

なので、時々夜などにその打ち合わせに出かけていき、その都度、子供たちがいかに成熟しているか、どんな発言をするのか、ということを私に話してくれます。

この子供たちは、親がいない子もいれば、親が働かない、もしくは暴力を振るわれるので、自ら家を出てしまった子供たちだったりします。それぞれ、驚くほどしっかりして、成熟しており、責任感もあり、お互い助け合って生きているとクリスティーナから聞いています。

そのプロジェクトの前から、路上で働いている子供たちのサポートをボランティアでしている、彼らの先輩でもある夫婦(クリストバルと、、、彼女の名前は忘れてしまいました)
がおり、その二人が今日、家に打ち合わせに来たわけです。

クリスティーナは、彼らにもプロジェクトの一環で係わってもらうと言っていました。

今は二人は薬草ジュースなどを売る仕事をしているそうです。

今週の木曜日の夜に、
クリスティーナともう一人の友人の誕生日パーティーをこの家でするのですが、
そこにも二人を呼んでいるので、いろいろ話を聞いてみたいと思います。

パーティーの翌日16日は、ラパス創立記念日なので、こちらはお休み&お祭りモード。
というわけで、私のつくり手たちも金土は仕事はしないので、
今週前半に、飛ばし気味で仕事をしようと思います。


さて、
今は月曜日の朝10時半。10時に来るはずの、7カラーショールを織ってくれているフストおじさん、未だ到着せず。。

justo20100403.jpg
(フストさん。)

もうエルアルトの自宅は出て向かっているそうです。
もう降りてきている。(エルアルトからすり鉢上の街を降りるという意味で)といいますが、
いったいどこにいるのかな。あと5分で着くのか、あと1時間かかるのか、、わかりません。

最近ラパスはどんどん車が増えていて、慢性的な渋滞なので、気長に待つしかないかな。。。

サイズ通りにできてくれていることを、、願って。


posted by PUENTE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビアでの出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。