2006年05月16日

大丈夫かな?緊張感の違い

今、私とボリビアの生産者にとっては、かなり緊張感のある注文を受けている。でもこの緊張感が共有できていないかもしれない。

1000個の指人形。8日に注文を受け、サンプルを今週中に仕上げ、5月末までにサンプルをまず日本に送らないといけない。
ボリビアの時差13時間に合わせて、夜中3時にサンプルの写真を待つ。
写真が送られてきた!
にわとりが足りないー!!作った人が持ってこない。。とは言っているが。もしかして作ってないのかなあ。そんなミスは言えないだろうから、嘘ついてしまうだろうし、。。これはちょっとピンチ!

この生産者団体のまとめ役の人たち。
私がいっぱい一度に指示を出しても、必ず抜け落ちてしまう。
かといって、1メールに一つの指示をするというのも混乱のもと?
どうしたらミスなく仕事をしてもらえるのか悩み中。

例えば、サンプルの納期ではなく1000個の商品の納期を聞いているのに、、、中々返事がなく催促した挙句、、
各種何個作るのか教えてくれ!そうしたら納期が出る。
なんてことを聞いてこられると、、最初のメールでとっくに
数、出てるでしょー!!!とつっこみたくなる。
この人たち、私のメールちゃんと読んでないの???

でもまあ、送られてきた写真を見て、
去年よりも大きな「びっくり勝手に変更」が少なく少しほっとする。
赤と指示したところが黄色だったりするけれど、、、、

送られてきた写真を加工して改良点を指示し、メールでも文章で同じことを指示して送る。
papa nuel1.jpgobeja1.jpg
今メール送ったから、それを印刷してみんなで読んでください!
と、電話をする。国際電話は高いから3回電話したけど、どれも2分以内の会話ぐらい。

生産者はこの私の指示を待ち、即座に同日か次の日までにその改善点を直してまた私に写真で送らないといけない。

今、時々ボリビアで手伝いをしているボリビア人の友人に
その生産者団体まで行ってもらい、私の指示をちゃんと伝えてもらう様に派遣する。(って行ってくれてるの?心配になって彼女の携帯に電話すると、、生産者団体からの打ち合わせの時間の連絡がなかったので、問い合わせたところ、明日再度集まる話になっているという。。それじゃあダメなのよー。今から行っておくれー。)
私が、かなり遠隔操作をしないとやっぱり不安。

今後私が日本ベースになり、私とこのフェアトレード生産者団体だけで、(ボリビアではIFATに加入して一番大きなはずなのに)仕事をしていける日は、、
まだ遠い。。。

どうだろうか?この切迫感が彼らには伝わっているのだろうか、、、タイムリミットはすぐそこなので、、お願いやってくれー。

どこでもドア。下さい。

とりあえず、寝よう。。。でも1時間おきぐらいにメールのチェックはしたいところだ。でも起きれないだろうな。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。