2011年02月09日

アルパカ放牧チームASAMIC

capaso_miembro.jpg

ペルーのつくり手グループアルテアイマラには、10のグループがあり、そのうちの1つASAMIC【アサミック)のつくり手たちはほぼアルパカを飼っている人たちです。

以前、チュア村のルシアさんを訪ねた時のブログはこちら2月9日は、先にお願いしていたサンプルの他、これから作ってもらうサンプルの指示書をみなさんに渡しました。

このASAMICというグループは三つの村から成り立っているグループで、その三つの内、1つは車で確か2時間ぐらい離れていた気が、、そして村の中でも各家が500M、1キロと離れている。というわけで、難しいものを頼んでも、変更などがあった時に、簡単にグループ内で集まって、情報を共有できるわけではなく、伝言ゲームのように伝えなければいけなくなり、指示が伝わらない可能性がある。よって、シンプルなつくりのものを今まで頼んでいましたが、とにかくここのグループのものは、アルパカを飼っているので、やわらかい、上質の毛を使ってくれるし、細部まで手を抜かず作られてくるので助かっています。

トレンカソックスや、腹巻などを作ってもらいました。
あと、ほかのグループ担当の作品が間に合わない時は、ASAMICに助けてもらい、レッグウォーマー(層)タイプとロングタイプも一部担当してくれました。

今年は、それらに加え、アームウォーマー(新商品)と、ロングワンピースもサンプルをお願いしています。

で、上の写真が、新しいサンプルを説明しているところで、真ん中の男性は、左側の女性のダンナさんですが、俺が編む!といさんで、説明を聞いていて、「大丈夫、まかせておいて!」なんて言っていたのですが、、次の日結局、奥さんに仕事を押し付けたそうな。。

調子がよいですねー。

という落ちはいいとして、この写真。みんな指示書を見て、創作意欲がわいているような笑顔がよいです。「いいものを作ろう!」という思いが大切ですから。



posted by PUENTE at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産者(ペルー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。