2011年11月13日

toko manis展無事終了しました。

3日間のアトリエマニスさんの企画展 toko manis special vol.5 PUENTE pure alpaca knit
が、昨日無事終わりました。

多くの方にお越しいただき、誠にありがとうございました!!!
たくさんのアルパカニット、アルパカ織物たちが、今回も皆様のもとへ嫁いで行きました。
これから体をあたためる「道具」のように、普通の日に、ヘビーに使っていただければと思います。

今回、よく着込んでくれたPUENTEのニットを着てきてくれた方がけっこういらして。
とてもうれしかったです。
私、子どもはいませんが、我が子との再会のような気分でしょうか?

使っていただいての、感想。あったかいとのご報告はもちろんうれしかったのですが、
改善点などもっと聞けばよかったと、、、今から思います。

もし、こんなところが着にくいとかあったら、どうぞ個別にお知らせくださいませ。



アトリエマニスさんはバリに工房を持ち、たかはしみきさんがデザインをし、自然素材の個性ある布を服を作られている方たちです。

布も、ブロックプリントだったり、インドやラオスや、アジアのいろいろな地域で作られる、大量生産されたものではないので、1点ものに近いお洋服が並んでいます。

形もとてもユニークです。着やすくなるような、細かなデザインがされています。

そのお洋服にPUENTEのニットを組み合わせてディスプレイをするのは、とても楽しい事でした。
3日間、マネキンたちも何度か衣装替えをしていましたが、どれも良い組み合わせと自画自賛。

今回は、アトリエマニスさんがホストのお店でPUENTEを紹介していただいたので、アトリエマニスさんの服よりもPUENTEのものをたくさん並べてもらいました。恐縮です。

(toko manisのtokoはインドネシアの何語でしょうか?店という意味)


アトリエマニスさんは年に数回、作品展という形で作品を発表され、そこで販売されるスタイルです。その合間に時々toko manis展をやられています。

次回のアトリエマニスさんの作品展は
12月14日(水)15日(木) 目白と池袋の間にある自由学園明日館という、フランクロイドライトが設計した建物で行われます。
詳しくはこちら

今回のtoko manis展では、PUENTEが欲張って一杯持ち込んだので、ちょこっとだけしかマニスさんの服は並びませんでしたが、本当はもっともっとあるのです。
ぜひ、12月の作品展、お時間ありましたら行って見て下さい。

最後になりましたが、お詫びを。。

今回、アトリエマニスさんのデザインで作ったものが2型ありました。

1型はペルーで作りました。糸は手紡ぎのアルパカ、上が編み、下が織り。二つのパーツをお渡しして、バリの工房でアトリエマニスさんたちが服に仕立てました。
奥のマネキンが着ているものです。
20111110tokomanis1.jpg

ボタンが丸くって、かわいいものができました。
試着された方たち、みなさん似合っていらして。私も一着ゲットする予定です。

もう1型はボリビアで作りました。
カタックというタイプで、ボリビアのおばちゃんたちには、普段の編みとは違う、かなり難しい型でした。
なかなか、サイズ通り、デザイン通りにできず、生産が遅れに遅れ、、、10月15日にやっとボリビアを出発。確実に届くようにと、10日間で届けてくれる民間会社にお願いしました。

が、、、追跡番号で検索しても一向にどこにあるのか、データが反映されず、何度も問合せをし、いつ届く。いつ届く。いやまだ届かない。どうなっているのだー。。。

というやり取りの末、最後の最後になって、サンフランシスコまでやってきたけど、書類が途中で紛失されて、そこでストップしていると判明。。。その書類作成にまた時間がかかり、、、ついに間に合わなかった。。。。。
こんなことってあるんですね。

期日をとっくに越えてやってこない荷物に対して、私からしつこく言わない限り、ちゃんと追跡してくれなかったこと、それに私は憤りを感じてしまって、久しぶりに頭が痛くなりました。
怒っちゃいけないのに。。久しぶりの感情でした。精進が足りません。

やっと12日午後に成田に着いたそうで、13日に通関して今日届くはずです。
間に合わず、本当にすみませんでした。

ただ、総合的に考えると、なぜ数ある宅配業者でそこを選んだのか、、(日本の会社だし、値段もそこそこだったから)、、に始まり、もっと早く生産つくるようにマネージメントできなかったのか、、何度かしつこくやりとりして、11月4日までには着くと。その言葉を信じ、5日になるまでまた動かなかった私(大分出張の後に熊本に足を伸ばしていた、、、温泉に入っていた。。。)などなど、自分に原因があるのでした。

アトリエマニスさんとお客様には大変なご迷惑をおかけしましたが、自分の無茶っぷりを省みるいい勉強になりました。

アトリエマニスさんの温かい大きなお心で、
この今回お披露目できなかった子たちは、今後いつかアトリエマニスさんの作品展でデビューできることになりました!!
その機会にぜひご覧下さいませ。

久しぶりに会えた友人、知人にも、足を運んでいただき感謝しています!!

本当はみなさんともっとゆっくり、ご飯でも食べながら、お互いの話をしたかったです。
それは又の機会にぜひ。


次は山梨の北杜市にあるギャラリー歩”ら里さんでの展示会が16日から28日まで。
出張とその前後、合間には移住先探しをしてきます。


最後に、
今回お求めいただいたものの、お手入れについて

冬が終わってからの長期の保管の際は、ラベンダーなどハーブで虫よけのものもありますので、虫食い対策をよろしくお願いします。

すれるところは、毛玉も出来ます。さらにすれると、やわらかいアルパカの毛はその部分が薄くなってくるかと思います。時々、ニットたちを見てやってください。

毛玉は、はさみの根元ではさみをニットの面と平行にして、浮いているものだけを刈り取ってください。(くれぐれも、本体を切らないようお気をつけ下さい。)

靴下はかかとや指の付け根のサイドなど、
レギンスはひざや又やお尻周りなど、時々見てください。

薄くなってきたら、糸が擦り切れる前に補強してください。
付属の糸を、太いニット用の針を使って、編目にそって、入れていってください。
よーく見ると、編目は単純な構造です。大丈夫です!できます!!
一度糸が切れてしまうと、、編物をやられたことがない方は、ちょっと難しいので、
ぜひそうなる前に、気付いてくださいね。

洗う際は、水かぬるま湯で押し洗い。中性洗剤をお使いください。
すすいだら、ネットにたたんで入れて、脱水してください。
タグには30秒と書きましたが、結構しっかりしてしまっても大丈夫です。

干す時は、平に干してください。タオルの上か、あればニット用ネットの上で。

その際に、左右対称にして、形を整えてください。

といった感じで、どうぞよろしくお願いします。


posted by PUENTE at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。