2011年12月26日

都民投票、大阪市民投票を実現しましょう

東京都もしくは大阪市在住の皆様

今、東京「原発」都民投票条例/大阪「原発」市民投票条例の制定を直接請求するための署名が集められています。

東京都、大阪市の有権者の2%の署名があれば、
議会に都民/市民投票を実現するための条例を制定してと請求できるのだそうです。

この機会に、是非とも自分たちの意思表示をしてみたい。
わくわくしますね〜。

いつもの署名とは違って、法定に決められた署名方法で、ちょっと署名するための条件があって、

1.「受任者」が署名を集める
2.「受任者」と同じ市区町村の有権者だけが署名できる
3. もしくは、決められた場所での街頭署名に出向く

というわけで、署名をしようと思ったら、自分からのアクションが大事なんです。

思うに、一人でも同居人か知り合いが同じ市や区に住んでいるならば、受任者になってしまえばいいのです。

私は、自分の「ずうずうしさ」を活かして、日ごろ疎遠になっていた近所付き合いのいいきっかけだとばかりに、近所の人たちに署名をお願いしています。

さっきも、家に上がって、みかんとお茶を頂いて4名分署名をいただきました!!

そこまでは、できない。という方は、街頭署名に出向くというのもあります。
詳しくはこちら
新宿、渋谷、立川、銀座あたりは1月15日ぐらいまではけっこう毎日12時〜16時ぐらいまで署名できるっぽいです。

受任者には
こちらから登録可能。

ネットからも受任者登録できます。そうしたら、署名を集める書類が送られてきますよ。


原発、推進か反対か。ではなく、今はその前の段階で、まずその是非を問うための市民投票をさせてよ!の署名というわけです。

つまり、あんまり他の署名と違って、署名する方に押し付けがましくならない気がします。
市民投票してみたいかどうか。

地域のつながりが薄い都会に生きる私たちが、
少しだけつながりを取り戻すいいきっかけになるような気がして、うきうきしている今日この頃です。

ちなみにボリビアでも国民投票が行われます。
いろいろな議題を一機に問われます。

最近はイタリアが国民投票で原発に頼らない社会へと意思表示をしましたよね。
スイスでも2003年に国民投票が行われ、反対66%。そして政府は2011年5月に、2034年までに脱原発をすると決定したそうです。

東京都自体が、東京電力の2.66%の株を所有しているので、株主はつまり私たち。

東京の電気をまかなうために、東京以外の土地の環境を侵し、そこに暮らす人々に、今回の福島の事故のようなことが起きた時にはもうその生活を奪ってしまう。これは、どう考えてもおかしいから、東京や大阪の都市からこの現状を考えていきたいんです。

っていうか、何をどこから捉えても、原発って、存在がおかしすぎます。

そうそう、見てください。東京電力のHP
今、福島と柏崎、合わせて17基の内、2基しか稼動していない。
でも、世の中、節電節電!ムードではありません。

あと2基もお休みいただきたい。。。な。。。。

というわけで、皆様、市民投票を実現してみたいという方、積極的に動いてみませんか〜。
(大真面目です。)

東京都、大阪市以外にお住まいの方も、お友達に、「受任者」って知ってる?って話をしてみてください。

あと、街頭署名などでのサポーターも募集中みたいです。

署名集めは東京は2012年2月までです!

http://kokumintohyo.com/branch/

posted by PUENTE at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242814786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック