2012年02月17日

ルームメートがついに結婚!

matrimonio3.jpg

同居人のクリスティーナ。もう一緒に暮らして何年になるでしょうか?記憶力がなくあまり数えられませんが、たぶん6年ぐらいだと思います。その最初の方に、クリスティーナは、マルコと付き合い始めました。そしてすぐに同棲が始まりました。つまり私も一緒に住んでいる。。あともう一人いつもルームメイトはいました。

そしてついに二人にBABYが!!今妊娠6ヶ月。気がつけばクリスティーナは40歳。マルコも40歳。本当におめでたい!そして、ついに二人は結婚することに!!

結婚パーティーは、出産後に。ということで、Matrimonio Civilという「民事婚」というのでしょうか?それを2月17日、自宅で夜、行いました。弁護士さんが来るのです。

やっぱりここはボリビア。弁護士さんと新婦が30分の遅刻。

見守るのは、マルコの両親、それぞれの保証人となる、近所のおばちゃんと、マルコの姪。そしてルームメイト(昨年10月からルームメイトが変わりまして、、)サラとソラヤ、そして私。

一応正装か?と思いきや、みんなカジュアル。。
私にはまだMatrimonio Civilというものがいまいちよく分かっていません。

とりあえず、ケーキをプレゼントする係りになりましたので、クリスティーナのご指定のチーズケーキを調達しておきました。(もっと結婚式用っぽいのじゃなくていいんだ。。。つい先日私の友人が買ってきてくれたケーキで、それをみんなで分けたら、それがたいそう気に入ったとのこと。)

おもしろいなと思ったのは、、、

クリスティーナはコチャバンバにいる両親や兄弟に、このMatrimonio Civilの日を伝えなかったこと。(わざわざ来てもらうのも悪いし、伝えたら、ちゃんとしたパーティーをやれとおおごとになるから、、だって。。)

保証人となる人に、この人は本当に独身か?間違いないか?と念を押して弁護士が聞くところ、、、

そして、当人二人、そして保証人がいろんな書類に署名しまくること。。。
(ただ、ここにサインしろ!と言われて、内容をちゃんと確認もせずに、署名!署名!署名!

matrimonio2.jpg

分厚いノートのようなものに、びっしりデータを書き込むところがありましたが、
弁護士はいそがしくて、それを今全て記入してる暇はない。次に行かなければいけないと、、
そのとても重要と思われるノートに、二人のサインだけさせていた、、、後から記入しておくからと。

大丈夫??

そしてさっさと帰ってしまった弁護士。
事務所でちゃんと結婚証明書だけは発行するようにと、マルコとマルコの父親は、事務所へ追いかけ、ちゃんと手に入れてきました。

matrimonio_certificado.jpg
これ。

そうそう。
結婚の誓いのようなものを立ててたときは、ちょっとウルっときました。
おめでとう!!マルコ&クリスティーナ!!


その後、お食事会へ。
マルコの母親が作った料理を皆で食べ、チーズケーキを。。

このチーズケーキ、せっかく「おめでとう!マルコ&クリスティーナ」と書いてもらったのに、、、
私ったら、持ち帰るときに、ケーキの箱の上に花束を載せて両手で運んできたら、、花束の重みで、蓋がケーキにくっついて、、文字が、、、おめでとう。のところ、、消えちゃった。。。。
ごめんなさい。。。。。

matrimonio1.jpg

でも、みんなえらくこのチーズケーキを気にいって、食べてくれて何よりでした。


出産予定は7月ごろ。次に私がボリビアへ戻ってくる1年後に、二人のBABYに出会えることが今から楽しみです。

改めて
クリスティーナに聞きました。

「これから家族も増えることになるけど、ルームメイトがたくさんいる暮らしのままでいいの?」

「私は大家族の中で育ったから、マルコと赤ちゃんと3人だけなんて寂しいわ。いつも誰かにこの家にいてもらいたいの。」
とのこと。

稼ぎ頭のクリスティーナがしばらく仕事を休むことになるわけで、
ルームメイトからの家賃収入も必要だと思います。

そんな事情も一方であるとは思うけど、一応新婚の二人。でも、時々来る私をこれからも受け入れてくれるようで、ありがたいことです。

日に日に、大きくなるクリスティーナのお腹。正直臨月?と思うほど。

なのに、背が低いからとヒールのある靴を未だ履いているクリスティーナ。
しょうがないので、プレゼントは友人の靴屋で、かかとが低い靴をクリスティーナと選びました。

検診から帰ると、二人で、赤ちゃんのことを本当にうれしそうに報告してくれます。いつもはそんなにおしゃべりではないマルコも、こんな時は、ジェスチャー付きで話してくれます。幸せが溢れてしょうがない感じ。マルコはいいお父さんになりそうだな。

私は時々、地球の反対側からやってくるおばちゃんになりましょう。楽しみ。楽しみ。






posted by PUENTE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビアでの出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。