2012年11月27日

nishi nishi展始まりました。

nishinishi3.jpg
22日〜25日まで 高松におりました。毎日楽しかったです〜。
これまでお越しいただいた皆様、誠にありがとうございます。お会いできてうれしかったです。


瀬戸内生活工芸祭が開催されると知る前に決まっていた今回のnishi nishiさんでの展示会。
なんと幸運な。
おかげで、23日24日の工芸祭を私もちゃっかり楽しんでしまいました。
サブリミナル効果を狙い、23日には工芸祭を訪ね、お知り合いの作家さんや22日にnishi nishiさんに来てくれた作家さんにお願いして、DMを置いていただきました。皆様ご協力ありがとうございました!!
そのおかげで工芸祭に来られたお客様たちにまで、PUENTEのものも見ていただくことができました。工芸祭後も、出店されていた作家さんたちが来てくれて、ゆっくりお話ができてうれしかったです。

22日初日、どんなディスプレイをしてくれているのかな?
わくわくしてnishi nishiさんを訪ねると、出迎えてくれたオーナーの母ゆみこさんと娘彩さんがそれぞれPUENTEの作品を着てくれていたのです。ありがたいことです。
そのセレクトが、お二人ならでは。
nishinishi2.jpg

ゆみこさんが、キュロットにロングニットコート、あやさんがラウンドネックセーター、手織り巻きスカートを。
そして、ディスプレイも、なるほど〜。和室空間にアルパカニットたちがいきいきと並べられていました。
nishinishi1.jpg

nishinishi4.jpg

nishi nishiさんの常連のお客様たちがゆっくり展示を見て、試着をして、オーナー二人と話して、そしてお買い物を楽しんでいる様子を見て、私も高松に住んでいたら、nishi nishiに同じ様に通うだろうなあ、と思いました。なんといっても居心地がよいのです。靴を脱いで畳に座って、お話して。

私の家から高松市内のnishi nishiさんまで高速で1時間20分。近い。。。
岡山市内に出るのに下道で1時間。。。あまり変わらない。岡山から四国近いです。(うれしい!)
ということは、交通費はかかってしまうけれども、私もこれからnishi nishiさんの常連さんになれる!!

期間中、ばっちり
まちのシューレ963で行われている「赤木智子の生活道具店」にも行ってきました。
akagi_tomoko1.jpg
おおお。並べられていました!!靴下が。
赤木智子さん。ありがとうございます。ご紹介してくれて。
靴下たち。みんなの足元をしっかりあたためておくれよ〜。

赤木智子さんと私は同じ都立富士高校。大先輩です。そしたら、なんと、、この同じ時期にこの高松にもう一人富士高出身の方がいたのです!!

それは、瀬戸内生活工芸祭に出展されていた素描家しゅんしゅんさん。
工芸祭の次の日、nishi nishiに来てくれたのです。で、話をしていくうちに、あれ、地元近いですね、、、という話になり。1つ上の方でした。
あれ〜。そして建築を勉強したところも一緒。今は東広島へご家族で移住されたとのことで、お隣の県です。
そして、吉備中央町仲間の坂野友紀さんとしゅんしゅんさんは仲良しとのこと。
これから、つながりが深まりそう!!

今回、nishi nishiさんのお宅に3泊もしてしまいました。
一緒に台所に立って、食卓を囲み、お話をして。温泉に入って。香川の親戚のような気分です。
また、いつでも泊まりにおいでとのお言葉。ありがたく、またうかがいます。

展示会は12月4日まで。お近くのみなさま、県外の皆様。
ぜひアルパカニットをご覧いただきたいと思います。
時間は11時〜18時
どうぞ宜しくお願いします。

高松市内からは、高松築港駅ということでんの始発から4駅目。黄色い電車に乗ってくださいね。
kotoden1.jpg
(数字のプレートにほれちゃいました)

nishi nishiさんのブログ(地図つき)はこちら

4日間の滞在中、うどん4杯(醤油持参)。仏生山温泉3回。財布を忘れること2回。仏生山温泉については次のブログにいろいろ書きたいと思います!
posted by PUENTE at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304130442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック