2012年12月04日

松江での展示会のお知らせ

DOORDM2.jpg
12月8日(土)〜16日(日)まで
島根県高松市のDOORさんで展示会をやらさせてもらいます。

前回展示会をさせていただいてからはや3年。またお声をかけていただきありがたいことです。
DOORさんのお客様、山陰のお近くの皆様にまたアルパカニットを見ていただけること楽しみにしています。
ぜひお越しください。

私は8日(土)9日(日)と在廊します。

以下DOORさんからのご紹介を載せます。

「アンデスからの贈り物」-紡いで、編んで、織って-2012年12月8日(土)〜16日(日)13:00〜18:30
会期中無休

アンデスからの贈り物が3年ぶりに松江にやって来ます。
アルパカのあたたかさと着心地、そして機能的なデザインが人気のプエンテのニット。
南米はペルーとボリビアで現地の人の手によって、紡がれ、編まれ、織られて、作られています。
「体をあたためるために、日々、家の中でも着てもらいたい」とプエンテの落合さん。
心からあたたかくなる品々を、どうぞお楽しみください。

「プエンテ主催の落合さんを囲んで」
〜南米の手仕事を日本に届けること、その想い〜
12月9日(日)14:00〜
参加費500円(冬のホットドリンクとスイーツ付き)
申込先:090-8713-0852(高橋)

場所:DOOR 松江市上乃木1-22-22 TEL:0852-26-7846
地図
map_door.jpg

前回の展示の様子はこちら

8日9日の松江滞在を楽しみにしています。今回は、東京からmanuokuのあーちゃんが岡山に泊まりに来てくれて、それから松江もご一緒してくれることに。
夜はおいしいものを食べて、温泉に入って、午前中は観光して、午後はDOORさんで。
と欲張りたいと思います。

DOORさんは住宅街にあるコンクリートブロックの素敵なお家。中に入ると、本屋さんとギャラリースペースがある不思議な空間です。本たちのセレクトは、オーナーの高橋さんのアンテナにひっかかった、おもしろいものばかり。松江に行かれる方は、ぜひDOORさんを訪ねてみてくださいね。

今回は、本屋スペースにもアルパカニットを展示してくれるとのこと。初日に拝見するのが楽しみです。

山陰の寒さに、少しでもアルパカニットがお役に立てたらと思います。
ぜひご覧にいらしてください。

お話会は、今回はお茶を飲みながらみんなで語り合う会。ということで、、はじめてのこと。どんな展開になるでしょうか。皆さん、お気軽にご参加くださいませ〜。
posted by PUENTE at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック