2013年11月10日

名古屋月日荘さん と 名古屋パルコのwhose garden.

tsukihiso2013.jpg

11月9日(土)〜20日(日)
名古屋 月日荘さんの企画展

「アナログライフ+月日荘 冬を愉しむ」
にPUENTEのアルパカニットも置いていただいています。

月日荘さんは着物と器を扱われ、毎月10日間だけオープンのギャラリーです。

くわしくはこちら

同じ名古屋のsahanさんの企画展に2日間店に立っているので、日曜日の午前中、ご挨拶に行ってきました。
今回は、古道具、灯り、土鍋などもありました。

PUENTEのものは
着物の上にはおり、コート替わりになる手織りのルエッカや
足袋の下にはく足袋ソックスやレギンス、手編みショール+ボタンなどの他、
着物以外の装いの時にも使ってもらいたい、
靴下、腰にも巻けるブランケット、カーディガンや、レッグウォーマーなど
いろいろなアイテムを展示してくれています。

あとお知らせをもう一つ。
金曜日夜に山梨から名古屋入りした私は、その日泊めさせていただく徳田吉美さんが出展している、
ギャラリーショップ“Whose garden?/ものづくりの庭”のオープニングパーティーにちょこっと参加させていただきました。

なんだか久しぶりに華々しいところに行きました。

東海圏のものづくりに関わる方たちが集まっておりました。
【参加クリエイター】
徳田吉美/中囿義光/ラファエル ナバス/yoko yano/yu kawai/長野史子/宮下香代/PROOF OF GUILD プルーフ オブ ギルド/COMMONO reproducts/ティザーヌインフュージョン+フラワーノリタケ/WEED & STONE DEALER/imomarket/KARIMOKU NEW STANDARD/ladybug/salon de the ALOUETTE/Sachi/大丸本舗/La Cachette

陶器、布、バッグ、ガラス、紙の箱、農具、はさみ、エプロンなどなど。
時間的に少ししか入れなかったのであまりたくさんは見れませんでしたが、見ごたえたっぷりの大人の文化祭のような雰囲気でした。

お友達徳田吉美さんは陶器に漆を使った色を焼き付けた漆蒔という技法を使った器や陶のボタン、オブジェなどを作っています。今回は3つのカップを重ねるとチューリップが咲いている。家に置いているときにもかわいい器を作られていました。

■11月8日(金)〜25日(月)10:00〜21:00 ※最終日は18:00閉場 入場無料 
■西館8F パルコギャラリ

名古屋にこの時期いらっしゃる方は、
sahanさんと月日荘さんとWHOSE GARDEN?にぜひお立ち寄りください。
posted by PUENTE at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10日(日)に月日荘でお目にかかりました。
あの時に頂いたボタンもアルパカでできているというショールを今日,早速肩にまとって出かけました。
あたたか〜い♪
ボタンと穴のいろんな使い方を楽しんでみようと思います。

お帰りになられた後で,「あの方はどういう方なの?」と月日荘の方にお尋ねして,大まかな経緯を教えて頂きました。
モノにまつわるストーリーやヒトを知ると,ますます愛着がわき,身にまとうのが楽しみになります。
そして,なんだか勇気をもらえるショールだな,と感じております。

次にお目にかかる時にはもっとお話できれば!と思います。
Posted by ハヤシヒロコ at 2013年11月11日 14:30
ハヤシヒロコ様
先日は、月日荘さんにいたわずかな時間で、お会いでき、ショールの説明ができてよかったです。お求めいただきありがとうございました。

私はつくり手と使い手の橋渡しになれたらなと思いこの仕事をやっているので、ハヤシヒロコ様にもそのつながりを感じてもらえたこと、うれしいです。

ショール、いろいろな使い方を見つけてみてくださいね。

普段は岡山の山の上におりますが、またどこかでお会いできたら、いろいろお話させてください。

それでは。
Posted by PUENTE at 2013年11月11日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379867262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック