2008年05月04日

モリャパンパの手織りの技術を訪ねて

4月29日、プーノのアルテアイマラという団体のベルタさんの家で朝から10時まで打ち合わせ。

その後、フーリアとアイデー姉妹と待ち合わせして(彼女達は40分の遅刻)モリャパンパという同じ団体に属するの村を訪ねた。
ここでは、手織りの技術があり、その現場を見させてもらうため。

プーノからボリビアへ向かう道の途中で降りる。

080429camino_a_julia.JPG

大麦やキヌアの畑を抜けて20分ほど歩くと、彼女達の家があった。

080429casa_julia.JPG

父親と息子はさらに山の上に牛を連れて行ったとのことでいなかったが、母親と三女と次男が迎えてくれた。
ちなみにフーリアはプーノの市で作った商品を売るため、プーノに部屋を借りてプーノに大半は住んでいる。アイデーは行ったりきたりらしい。

部屋の一室に織り機が2台。

080429familia_julia.JPG

アルテアイマラに属しているこの村のグループは、彼女達の母親が作ったグループで、今はこの家族も含めて15名ぐらいの村で組織されている。それぞれの家に織り機があるそうだ。(これは品質は一定しない。。。)

アルパカ、リャマ、羊の毛を使って、昔から服を織ってきたその技術が今、仕事として引き継がれている。

080429tumugiki.JPG

糸を紡ぐ機械

080429sample.jpg
織りのパターンのサンプル

いずれ、このような生地を使って服も作れたらいいな。

今回は、できれば、マフラー、ショールを織ってもらえたらと思っています。



posted by PUENTE at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 生産者(ペルー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、生産者に会うのは大切ね。
モノ作りの意欲が湧いてくるもの。

早く、出来上がりを見たいです!
Posted by warinwarin at 2008年05月06日 11:05
warin warinさん
コメントありがとうございます。
つくり手の技術を見せてもらうと、それを活かしたデザインが沸いてきます。
それが商品化されるまでは、、また長い道のりがありますが。
今回のPUENTE商品、バージョンアップしてますから、楽しみにしていてください!!
Posted by PUENTE at 2008年05月08日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。