2008年05月17日

エルアルトのニコラス工房

新作のマフラーとショールはラパスのエルアルトに工房を構えるニコラスさんにお願いしています。

prepalacion.jpg

縦糸を配色を考えてセットしていきます。

yurichequiando.jpg

何色も入るショールを作ったのですが、その配色を現場で相談しながら作っていきました。

telar4s.jpg

毛糸を織り機にセットするところでは、仲良く男の人二人が向き合って、板そうこうに糸を通していきます。これは2面で色に違いが出るタイプを作っているところで、4枚の板そうこうを使います。

telar1.jpg

この部屋では6台ぐらいのこのような織り機で、各自ラジカセから流れる軽快な音楽に合わせて男性たちが織っています。

torcelars.jpg

縦糸は縒りをかけてフリンジにして始末します。
写真が工房の主ニコラスさん。年は29歳か30歳。13歳のころから、織りで仕事をしていたそうで、今では自宅兼工房を構えています。
同じ年ぐらいなのに、家も工房も持っていて子どもも二人いて、すごいしっかりしていて、頭が下がります。

plancha.jpg

アイロン職人さんです。

この工房で作っている商品はこちら
http://puente1uno.seesaa.net/article/96965466.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。