2008年09月12日

Mexicoのラブリーな品々 by TRENSAさん

CIMG0678.JPG

現在、PUENTEのよき相談相手であるTRENSAさんが後楽園で期間限定ショップをやっています。
詳しくはこちら
http://trensa.net/

11日の夕方、ちょこっと顔を出しましたら、こじんまりしたカフェの中に、TRENSAさんのおめがねにかなった品々がちりばめられていました。

その中でも目を引いたのは、下の写真の中央下の刺繍のポーチ。
CIMG0677.JPG

1点もので、作りこんであり、色味もかわゆく。。。でも私は今ポーチをいくつも持っているので、今回は、、買えませんでした。

このほかにもシルバーの小さくてかわいさがぎゅっとつまったアクセサリーもいっぱいありましたよ。
15日までですから、この週末の3連休でぜひ、MEXICO好きの方、とにかくラブリーなものが大好きという方行ってみてください!

PUENTEのwebを作ってくれている木村さんのMEXICOスケッチも展示されています。そちらもお見逃しなく。

TRENSAさんの洗練されたディスプレイを見て、私も刺激を受けました。どう見せるか。もっとその部分に気を使っていきたいな。


ちなみに、12日今日は、西荻の旅の本屋 のまどさんへ行きました。
11月末からの世界のつくり手たち展というイベントに一緒に参加してもらいたくて、口説きにいったのです。(参加してくれることに!)

そうしたら、TRENSAさんの「オアハカ・リンド・メキシコのキュートな町」という本が平積みされていた!しかもよく売れているとのことです。
CIMG0679.JPG
写真の後列中央のピンクベースの本です。

この本は、TRENSAさん自らが撮った写真が、現地の様子が映画の一場面のようにおしゃれに伝えてくれます。
この本を眺めると、私もいつかオアハカに行きたくなってきます。
こちらもお勧めです!


posted by PUENTE at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

フジロックフェスティバル

20080728.jpg

久しぶりの更新になってしまいました。

つい最近の私は、
ボリビア、ペルーでの秋冬ものの生産中に、、
お取引先ぐらするーつさんのお手伝いで、初のフジロックフェスティバルin苗場に5日間行ってまいりました。

たくさんのステージがあったみたいですが、そのうちのフィールド オブ ヘブンというステージにぐらするーつさんのお店はありました。

お客さんがそれぞれに大好きな音楽に体をゆだねて聞いている様子をみながら、こちらは、たくさんの方がぐらするーつのお店でお買い物をしてくれるのでその接客で、とにかく途切れなく、うれしいいそがしさの中、あっという間に時が過ぎていきました。

準備、片付けを含め5日間のキャンプ暮らし。
真夏に肉体労働が多かったので、それなりに疲れたけれど、労働して疲れるというのはいいものです。
(帰ってきてから、PUENTEの仕事もいろいろあって、今日やっと体を休めました。睡眠って最高ですねー。)

普段、ボリビアでの協力してくれる人々や皆さんの助けがありながらも、日本では一人で仕事をしている私にとって、合計7名のぐらするーつフジロックスタッフの一員として、無事にたくさんのお客さんを迎えられたことから、仲間で仕事をする楽しさを感じました。

PUENTEの商品もフジロックに持っていっていただき、
いいあくまくん完売!
野菜&フルーツ指人形ストラップ完売!
アニマルマル残り1個のみ!
木の実のアクセサリーも客層がぴったり?だったみたいでよく売れました。

ありがとうございます!!

いいあくまくんは早いうちに売切れてしまって、最終日にも買いに来てくれたお客様が、ぐらするーつの渋谷店に今度買いに行きますと言ってくれたりしたんです。
うう。そんなにいいあくまくんを気に入ってくれたのね。ありがとうございます。

つくり手のマリッツアおばばの写真も一緒に置かせてもらったんですが、そのおばばに報告しなければ。

最後に、
ぐらするーつの皆様、小売店のお手伝いという貴重な体験をさせていただき、お世話になりました。ありがとうございました。

写真はフィールド オブ ヘブンの顔、CANDLE JUN さんがおとなりで数え切れないぐらいのキャンドルで、灯火に包まれる神秘の世界を作り上げていました。 一日の仕事が終わった後、この光に包まれるひと時が心地よかったです。


posted by PUENTE at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

京都のDOMAさんと好日居さん

京都に営業に行った日々のレポート part1です。

今回の京都の営業では、2つのお店とのお取引がこの秋冬できることになりました。とてもありがたいことです。

まずは一社目を今日はご紹介します。

東山三条にあるDOMAさんです。
doma1s.jpg
Sonrisa(ソンリサ)シリーズの雑貨の一部を扱っていただけることになりました。

こちらは、PUENTEの良き相談相手のTRENSAさんのご紹介で伺いました。

京都の日本家屋の壁がピンク色。中に入ったら、壁紙がキュートな空間に、オーナーさんがセレクトしたヨーロッパの雑貨が意表をつくディスプレイで並んでいます。
すっかりカメラを持っていることを忘れ、他では中々見ないチェコの雑貨や絵本、そしてとてもすてきなオーナーさんとの会話に夢中になってしまいました。
TRENSAさんのブログにお店の様子が載っていますので、TRENSAさんのブログを紹介させてください。こちらです

ちょうどそこにいらしたのが好日居さん

好日居さん:心地よい時間と空間そしてお茶+ときどきギャラリー

こちらのお二人もTRENSAさんのご縁でお付き合いが始まったそうです。私もその場で紹介してもらい、DOMAさんのご提案と好日居さんのご快諾があり、その後、好日居さんに移動してDOMAさんにPUENTEの商品を見てもらえることになったのでした。

好日居さんは平安神宮の南側にある、隠れ家的なそれは、それは粋な空間なのでした。

koujitsukyo1s.jpg

手前の女性がDOMAさんのオーナーさんで、その奥にいらっしゃるのが好日居さんです。


お茶を飲むスペースはそれぞれ雰囲気が違う3部屋があり、
koujitsukyo3s.jpg

koujitsukyo4s.jpg


koujitsukyo2s.jpg

カウンターキッチンの向こうには中国の岩茶(岩茶房のもの)の専用の茶器や、抹茶の道具などが綺麗に並んでいて、それらの道具、器で丁寧にお茶をいれてもらえます。

koujitsukyo6s.jpg

こちらは岩茶とお菓子のセット。
岩茶は小さな茶器で何度もお湯を足して飲みます。

まさに岩山の崖の上の方に生えている茶の葉で、とてもとても貴重なもので、いろいろな種類があるのです。

私の姉がこの岩茶房の岩茶が大好きで、我が家でも飲んでいるのですが、ここ好日居さんでは、汲んでいらしたお水、お茶のいれ方のこだわり、そして器、引き立てるお菓子、そしてその場の静かな力によって、さらにおいしくいただきました。

koujitsukyo5s.jpg

こちらの静謐な空間で、大きな机に商品を並べさせていただいたことで、DOMAさんへ最高のプレゼンテーションが出来ました。
ありがとうございました。

その後、さらに好日居さんのご好意に甘えてお夕飯までいただいてしまったのです。

私の仕事が上手く行くようにと、最後には紅白のお菓子までお土産にいただいて。
いたれり、つくせりのおもてなしをいただきました。

また、京都に行った時には、ゆっくりとお茶をいただきに、そしてオーナーさんに会いに伺いたいです。

プロポーションのよい空間で、体にやさしいお茶を飲み、優雅な時を過ごしながら、何かに気づくことができる。そんなところだと思います。

京都に行かれる方、是非、ゆっくりと訪ねてみて下さい。

好日居さんのブログ

皆さんとの出会いで、気持ちよく京都を過ごすことができ、さらにお仕事につながり、充実した京都の日々となりました。
ありがとうございます。
そして、そのきっかけをつくってくれたTRENSAさん。ありがとうございます。
posted by PUENTE at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

営業報告+水縞展示会+明日の宣伝

0806idouchu.jpg

日曜日、一週間ぶりに東京に戻りました。
今回は、京都、滋賀、岐阜、名古屋、静岡と回り、最後の日曜日にはちえのわハウスさんの15周年記念パーティーに参加させていただきました。

京都と岐阜では知人の家に世話になり、効率良く回れましたし、経済的にも大変助かりました。ありがとう!!

各地で新しい出会いがあり、それぞれのお店のこだわりの部分に学ぶことができ、いい経験となりました。そして、これからお取引ができそうです。今回、思い切って行ってみてよかったです。

昨年からのお取引のお客様pandさんへも直接商品をお見せすることができました。

全てのお客様に毎年お会いするということは難しいかもしれませんが、電話、メール、FAXなどの手段とはまた違う、同じ時間を共有するコミュニケーションが取れると、作る側―売る側の連携が、そのつながりがより強くなると思うので、できるだけお会いしていきたいと思いました。

pand0806.jpg

pandさんです。
お店の雰囲気、好きなんです。とても。
一つ一つのものが、大事に紹介されています。お店のオーナーたちのものとの真剣な向き合い方が伝わってきて、ものたちも凛としていて、この空間にいると、なんだか背筋が伸びる思いです。

pand0806-2.jpg

また、今回の営業の間に、お仕事以外でも多くの人に出会い、こころよいおもてなしをしていただきました。ありがとうございました。

また、後日ご報告したいです。

さて、これから友人の水縞の展示会に呼ばれているのでちょっと行ってきます。
タイからやってきた文具たちや、彼女達のオリジナルの新商品など新しく出会えるものたちに今からワクワク。
文房具好きの皆さん、7月15日までやっていますから、行ってみて下さいね。

そして、その後、レンタカー屋さんに行って、明日からのアースガーデン夏の搬入搬出のためにタウンエースを借りて、、、
そう、明日はついに、この暑さで無謀な秋冬もの展示会&予約会@アースガーデン夏です。(夏物も売ります!)

みなさん、「心頭滅却すれば火もまた涼し」 と言いますので、
冬の気分で、PUENTEブースにいらしてくださいね。
(という本人が一番暑さにバテているかも。。。)
posted by PUENTE at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

PUENTEのウェブサイトが新しくなりました

ついに、PUENTEのウェブサイトが新しくなりました。

http://www.puente1uno.com

今回、自分でサイトをつくる限界を感じ、思い切ってプロに頼みました。
今までの100倍いいです!

まだ、お取引先や、つくり手の情報、リンク先など作り込めていないところがありますが、これから少しずつ、内容を充実させて行きたいと思います。

皆さん、新しいサイトをぜひご覧下さい。

さて、京都二日目。営業うまくいきますように!
posted by PUENTE at 14:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

今週は営業で西へ

秋冬のサンプルをカートに詰め込んで、京都に来ています。

今週は前半京都、後半に滋賀、岐阜、名古屋、静岡、と回ります。

仕事ですが、京都に久々に来れたこと。うれしいな。

名古屋は何度か行っていますが、食が!!おいしいものがいっぱいですから、誘惑されてしまいます。
かといって、目的は営業なので、あまり食事にお金をかけないように気をつけなければ。

サンプルを見てもらう予約を入れているところとそうでないところがありますが、訪ねてみたいお店は、どちらもホームページから、こだわりが伝わってきて、そのようなすてきなお店に行ける事自体が楽しみです。(ついついお買い物してしまいそうです)

ぐるぐると歩き回って、リサーチしていなかったところでも、プエンテの商品がしっくりくるお店に出会えて、さらに、そのお店に気に入ってもらえたら、、、妄想が膨らみます。

それでは!
今週がスタートします。
posted by PUENTE at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

秋冬ものの営業中 in 鎌倉

6月はじめの卸しのお客様向け展示会が終わった後は、どきどきしながら、小売店さんの注文を待ちつつ、ボリビア、ペルーとネットを使って打ち合わせをしたり、商品のタグつけをしたり、営業に回ったりしています。

一週間以上前の話ですが、梅雨の合間の晴れた日に、鎌倉のnavy yardさんに秋冬のサンプルを見てもらいに行きました。

20080619postcard.jpg

写真は昨シーズンの秋冬のnavy yardさんのお店のポストカード。右の上下2つの写真にはなんとPUENTEの商品が!!!(うれしいーーー。)

昨年の秋冬から商品をお取扱いただいていて、今回の新作の相談にも乗ってもらって、大変お世話になっています。

navy yardさんは、由比ガ浜大通りの六地蔵という交差点のすぐ近くにあり、木材をたくさんつかった白いインテリアで統一されていて、商品が居心地よさそうに並べられています。
カウンターがあって、土日はカフェ&バーにもなるステキなお店です。皆さん鎌倉へ行く際には是非行って見て下さいね!

cabanというブランドでシャツなどのお洋服を作られていて、
以前からお店に伺う度に、気になっていたcabanのシャツ。普通のシャツとは一味違う。ボタンが分厚くてかわゆくって、ポケットが長細かったり。襟の内側の布が違ったり。
日本の職人さんが縫製している、綿や麻のシャツはいいお値段なのですが、、ついについに、、買ってしまいました!

shirts.jpg

すでに、1週間で3回も着るというヘビーローテーションで、大のお気に入りです!

navy yardさんを後にして、大好物のこ寿々のわらびもちをぐーっとこらえて、ゴロゴロとカートを引いて弓ヶ浜へ。

海!営業で海に来れるっていいなあ。いっせいに海の家を建てているところでした。毎年使えるように、木材で骨組みを組み立てていました。夏がすぐそこなんですね。

その後、歩いて長谷のMiddlesさんに先日の展示会に来ていただいた御礼に。先住民族のクラフトショップをされていて、Hugoさんの陶器ミニミニボリビア人シリーズや、いいアクマくん、タリスキア村ポーチや、アワヨのポーチ類など衣料品以外をお取扱していただいています。

そして最後に、由比ガ浜の目の前の麻心へ。
このカフェには鎌倉へ来る度に来るほどお気に入りのところ。
オーナーのしんじさんは、兄貴のように相談にのってくれる人です。
体にやさしいお料理を出してくれるお店で、心も体ほぐれます。
オススメです!

こちらでは、PUENTEのお客さんとして知り合って、今では仲良しのカップルと夕飯を食べました。9月の二人の結婚式にも呼んでくれるって。

お仕事を通じて、たくさんのステキな人達に出会えて、応援してもらって。この環境に感謝です。



posted by PUENTE at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

台湾のお店Earth Treeさん

6月2日の展示会が終わって、とにかくタウンエースいっぱいにつんだ荷物をオフィスに持ち帰って、近くのレンタカー屋さんまで時間内に車を返しに行って、戻ってきたら、一件の留守電が入っていました。

台湾の台北でEarth Treeというフェアトレード商品を扱うお店をやられているオーナー王さんです。
http://www.earthtree.com.tw/
「ネパリバザーロさんのカタログで紹介されていた方だ!あらら!」

3日に連絡をすると次の日に台湾に帰ってしまうので、商品を今日中に見てみたいとのこと。オフィスまで来てもらえました。

急遽、商品をディスプレイして、駅までお迎えに。
PUENTEの説明をした後、商品を見てもらい、いくつか商品を購入していただきました。ありがとうございます。

まだ、タグがついていない商品があったり、伝票を書く時間もないほど、彼女は次の用事に急がれていたので、商品はその日の夜に私がホテルまでお届けすることに。幸い池袋と近い場所に滞在されていたのです。

ホテルのロビーでの納品の際、今度はゆっくりお話ができました。
(彼女は日本語がばっちり話せて、読むこともできるとのこと。)
彼女も商品の背景を大切にする考えを持っていて、販売している商品は、できるだけ彼女が翻訳しているそうです。

台北の代官山のように落ち着いていて、個性的なお店が多い地域に彼女の店があるそうです。

なんと私のブログも読んでいてくれた!!びっくり。

今回選んでいただいた商品が彼女のお店に置かれているかと思うと、、今すぐにでも飛んで見に行きたくなります。
いつか行くぞー!!

ちなみに台湾は
沖縄の与那国島みたいな気候かと予想していますが、
冬は湿気があり寒い日があり、アルパカも手袋やマフラー、帽子類は売れるそうです。
PUENTEは秋冬商品が多いので、秋冬商品扱っていただけたらさらにうれしいな。

earth treeは「地球樹」と書くようです。
この3文字。愛情を感じるステキな言葉ですよね。
posted by PUENTE at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

初の秋冬予約展示会をやりました

久しぶりのブログとなってしまいました。

5月27日の帰国後すぐの
6月1日、2日に卸向け予約展示会を行いました。
今日はそのご報告を。

20080601_rueca1.jpg

とにかく初めての試み。初めてなんだから、ばっちり時間をとって準備するべきなのに。。準備が足りず、最後の最後までてんてこまいでした。
友人たちが手伝ってくれなんとか乗り切ることができました。
本当にありがとうございました。

20080601_mano.jpg

PUENTEの展示会に来ていただいた卸し先のお客様がいたこと。大変ありがたいことです。

20080601_mano2.jpg


手紡ぎ風合い、手編みのやわらかさ、手織りの深みを実際に肌で感じてもらい、試着を十分にしてもらって、身にまとったときのイメージをつかんでもらったこと。これが展示会での一番大きな収穫です。

スーツケースにいっぱい詰め込んで、卸し先を回ってお見せするのと、今回のようにステキなギャラリーを使わせてもらって、ゆったりした空間で、ゆっくり見てもらうのとでは、同じものであっても、商品への集中度が違うと思います。
このような場を設けることは大切だと思いました。

20080601tenjikai1.jpg

今、展示会に来ていただいたお店からは予約が少しずつ入ってきました。12日までに予約いただくことになっています。
どれだけの量をボリビアとペルーに注文できるか、どきどきです。

遠方だったり予定がつかず来ていただけなかったお店の方にもこれから見ていただきたいので、これからまた動きだします!

細かいところではやりきれなかったことがありますが、これは次回の課題に。(いつも準備が足りないことも大きな課題です)

とにかく、なんとか終わってほっとしています。
posted by PUENTE at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

世・織・展 無事終わりました。

22日(土)無事、6日間の世・織・展が終わりました。

予想以上に沢山の方々にお越しいただき、私達仲間の造ったものたちをお買い上げいただき、誠にありがとうございました。

出展者の皆様も、今回、初めての企画でふたを開けてみないとわからない状態にも拘わらず、快く参加していただき本当にありがとうございました。

お店当番も手伝っていただき、助けられました。予想以上のお客様で私一人ではどうにも対応できませんでした。

特にポンナレットさんは3人のステキなマダムが4日間もエレガントな接客をしてくれ、とても心強かったです。

080322kroma.jpg

水曜日と土曜日店番を一緒にしてくれたYさんです。
腰にベルトのように巻くクロマーもおしゃれですよね。
ちなみに、携帯がクロマーの中に入っています。ポケットがないお洋服の時など便利。

私が買ったクロマーも、今日もつけていて、(洗わないとですが、、)どんな服にも合って、つけているだけで春気分で、いい買い物ができました!

Yさん、土曜日もご予定を押して片付けを手伝ってくれました。ありがとうございました。


22日のご報告です。
最終日、いい天気でした。
12時〜4時半と時間が他の日よりも短かったのですが、多くの方に来ていただきました。

今回アドバイザーとして参加していただいたSPACE ALTAの佐藤さんも様子を見に来てくれました。お忙しいところありがとうございました。

080322seoribon.jpg

佐藤さんが世織書房の本と向き合っているところです。

安藤和夫さんも搬出に来ていただき、片付けにあわてふためいている私達を笑顔で手伝ってくれ、お客さんへの接客までしていただきました。
ありがとうございます!

世織書房の社長も最後についに現れました。

世織書房のMさんとYさんと安藤さんで片付け。
最終的に14団体が参加したので、それを分けながらの片付け、片付け中もお客様がお店にどんどん入ってきてくれて、接客もし、、
大変なことになっていました。

荷物をハイエースにどうにか積んで、Mさんの運転で横浜まで。荷物を半分降ろし、Mさんは百屋へ。私はそこで本日の仕事終了。

安藤さんが私のブログで、「すいはつを家に連れて帰りたい」と書いていたのを読んでくれたのでしょうか、、、
私が清水の舞台からためらいなく降りられる特別価格でお譲り下さいました。
うう。。。最後に大きなご褒美をもらいました。ありがとうございます。

家に帰り、さっそくリビングの壁に取り付けました。
そこでスタミナがついに切れ、しばらくぼーっとすいはつとローズペッパーの美しさに見惚れていました。

080322suihatsu.jpg

このすいはつの、余計なデザインをそぎ落として残った厳粛なたたずまいに触発され、これからリビング(写真に写っていない部分のごちゃごちゃものが溢れている状態)をシンプルに美しく保とうと思いました。

今はもう日曜日の昼下がり。
今日は珈琲工場&百屋のお店当番中です。

最後になりましたが、今回ギャラリーかれんさんたちが、全面的にバックアップしてくれ、この企画が無事成功しました。準備期間から、丁寧に対応していただき、会期中も毎日たくさんのものを買っていただきました。お世話になりました。ありがとうございました。

皆さんと過ごした楽しい6日間がはやくも懐かしいです。

また、遊びに来ます!とお別れしましたが、実は大事なものをお返ししそびれてしまった!!!!ので、早くも明日、伺います。。。。。
posted by PUENTE at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

大倉山のまわり

ついに5日目も終わりました。
今日は昼前から雨も上がり、お客さんが沢山来てくれました。ありがとうございます。

ポンナレットさんからはKさん、カプカプさんからも所長さんやメンバーさんが店番をしに来てくれ、なかなか動きが鈍い商品など、どうやったらお客様の目に留まるのかな。とみんなで試行錯誤したりしました。

そうそう、
先日DAGOBAのミルクチョコレートを買っていかれたお客様が、たいそう気に入ってくれたようで、さらに10枚欲しいと注文してくれたといううれしいことがありました。一枚504円と一見高そうですが、その価値を認めてくれたわけで、、、やったよー。ぐらするーつさん!!

DAGOBAのチョコレート、気になる方は明日土曜日以降は
渋谷のぐらするーつさんへ行ってみて下さい。

今日は、大倉山のまわりのお店について。ミニミニ情報です。

午前中に安藤和夫さんが、すいはつ(出展作品で、一輪挿しをかけるもの)につたなどを直接からませるといいよ。とアドバイスしてくれたのを、残り2日になって思い出し、HIKARI作業所のスタッフさんオススメのカフェ&花屋ラプティフルールさんへ行き、
ぴったりのイメージのローズペッパー?を調達。さっそくKさんに活けてもらいました。

suihatsu_peppers.jpg

どうでしょう?自己満足でしょうか?気に入ってしまいました!!
家にすいはつとローズペッパーを連れて帰りたいです。


このお花やさんはカフェでもあり、ワークショップスペースもある、隠れ家的雰囲気のお店で、今日(金曜日)はランチをここで食べました。サラダに焼きカレーにおいしい紅茶で1050円。
ご飯の上にかかったカレーごとオーブンでかるく焦げ目をつけていて、新しい食感のカレーでおいしかったです。

時は少し戻り、水曜日のランチは
オーガニックスペースかれんでいただきました。
こちらは、今回の世・織・展をやっているギャラリーかれんと同じ母体のところで、歩いてすぐ、綱島街道沿いにあります。

「みんなのお店」(駅沿いにある自然食材の店)の食材を使った栄養満天の安全な食事がいただけます。
カルガモ農法による玄米が食べられます。
(ちなみに「みんなのお店」もギャラリーかれんと同じグループ)

080320lunch.jpg

これで750円でした。体にやさしい味がしました。

「ハンディのある人たちが街で働き、街で暮らす。なんの違和感もなく。これが私たちの街・社会のあり方だと考え、、、」というかれんグループの思いが確実に実現してきている街だなと思います。

なぜなら、普通にハンディを持った人達を町でよく見ますし、よくすれ違うんです。
「みんなのお店」から「オーガニックスペースかれん」へ野菜を運んだり、地域作業所の分室に移動したり。「モアカレン」という自然食品店もあり、そこでもメンバーさんが働いています。

かれんさんグループについて、くわしくはこちらを見て下さいね。

さて、明日土曜日の最終日は 12時から16時半までです。
明日でにわか店長も終りかあ。なんだか寂しいな。

posted by PUENTE at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

世・織・展の風景2

今日は祝日。売上が見込める日と思っていたのですが、いやはや雨のせい?人があまり来ませんでした。商店街自体にも人があまりいなかったような。商売というのは天気にもろに影響を受けるのですね。

でも、友人たちやDMを送った方たちが来てくれて、ゆっくり商品を見ていってくれたのでのんびり、楽しい一日でした。

200803201334000.jpg
左の女性はネパリバザーロのスタッフSさん。貴重な休みの日に追加でお願いした分を持ってきてくれました。そしてたくさんお買い物をしてくれたのでした。いつもありがとうございます。ちなみに頭に被ってくれているのはPUENTEのフワフワキャップです。
右の女性はポンナレットのYさん。代表が世・織・展翌日からカンボジアへ行ってしまったので助っ人に来てくれました。Yさんがいるとやっぱり売上が違いました。

200803201708000.jpg

クロマーを買ってくれた人に、Yさんがバッグ仕様にしてくれたところです。

080320suzu.jpg

信楽青年寮の土の鈴です。
表情がなんとも言えない。

080320seoribon.jpg
今回のイベントの核にある世織書房の本がずらっと並びました。

080320acce.jpg

PUENTEは今回こんなアクセサリーたちを出しています。

そうそう、ギャラリーかれんさんの奥にある小規模通所授産施設アートかれんさんはお休みだったので、いつもは賑やかなメンバーさんたちがいなくて、独りで誰もお客さんがいないと物音一つしない。。
誰かがそこで何かしている、その存在を感じるだけでも人って安心できるものだなと思いました。

posted by PUENTE at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

世・織・展の風景

世・織・展3日目。

080319mitsurou.jpg

ネパリバザーロさんの
みつろうキャンドルです。

みつろうキャンドルに火を灯したことありますか?
ほのかに甘く、やさしい灯りでうっとりできます。

080319sigaraki2.jpg

大人気の信楽青年寮の陶器です。
この他にもいろいろなタイプがあります。

080319choco.jpg

ぐらするーつさん出展の
ダゴバのオーガニックチョコレート。
試食もあります。ビターチョコレートが好みです。
有機の食材にこだわり、香料など余計なものは一切なしの贅沢なチョコレート。

080319kroma.jpg

うふふ。ついにポンナレットさんのクロマーを買いました!
一枚一枚、どれもそれぞれの良さがあり、選ぶのが大変でした。
草木染のピンクで春らしくなれる一枚です。

080319yuri.jpg

店員さんはそこで売っているお洋服を着ているものです。
母が初日に買ったネパリバザーロさんの上下を今日は着て接客しました。

あ、今日はブラジャーとブーツの底以外は全て天然素材でした。
見えていないですが、肌着とショーツとレギンスはPeople Treeのオーガニックコットンのもの。やわらかい肌触りがお気に入りです。

さらに2日目から新しい団体が参加しました。

080319hikari.jpg

・HIKARIさんからは木工作品や紙漉作品。ちなみにひかり作業所では家具なども作っていて、その技術指導をしているのは、今回参加している安藤和夫さんです。

080319jam.jpg

・四季菜館からは横浜市でとれたフルーツを使ったジャムなど。フルーツと洗双糖のみ。水も加えていないし、無添加です。

今日来られたあるお客様は、PUENTEの卸し先、鎌倉の長谷にあるMiddlesさんでのイベントで、PUENTE商品のアヨレヨ族のガラバタバッグを気に入って買ってくれた方が友人であるそのお客様に教えてくれて、来てくれたとのこと。さらに、ネパリバザーロさんのボランティアをされたことがあり、さらにさらに、昔安藤和夫さんの田んぼの田植えか稲刈り?に参加したことがある。という方でした。
そしてカプカプやセサミ香房のクッキー、ポンナレットさんのクロマー、信楽青年寮の陶器、HIKARIのしおりなどなど買ってくれました。

みんなが繋がっていたこと、さらに繋がったことがすごくうれしかった。

明日は、祝日です。皆様来て下さいね。
posted by PUENTE at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネパリバザーロXポンナレットXPUENTE

18日、世・織・展2日目も無事終わりました。
ご来場の皆様ありがとうございました。

1日目の写真のお人形さんが来ているピンタックブラウス(生成り)が2着とも、すてきなマダムたちに見初められてお買い上げいただいたので、次なるコーディネートです。
20080318.jpg
テーマは、「陽気な日の大倉山マダムのお買い物」
服と肩からかけているバッグとお買い物バッグは全てネパリバザーロ(ネパール)。首に巻いているのはポンナレットのクロマー(カンボジア)。首のアクセサリーはPUENTEのもの。ボリビア、ラパスのエルミちゃん作。

今日はお店にカプカプひかりが丘のメンバーさんたちが大勢でアート作品を追加しに来てくれました。
カプカプのチラシを折ったり、駅前に行って世・織・展のチラシを配ってくれました。ありがとう!

粘土の化粧品― ボディクレイの代表の方が初日にいらして、カプカプひかりが丘の川崎さんのアート作品を2点、気に入って買っていかれたので、そのことを本人に伝えることができました。あの喜んでいた笑顔。ボディクレイさんにも見せたかったな。
そして、あのシュールな絵のみこさんとも初ご対面。
みこさんは、ネパリバザーロさんの生地をずっと真剣に眺めていました。
次の作品の何かインスピレーションになったのかな?

そうそう、
今回、すいはつと短冊かけを出展してくれた安藤和夫さんが、ご自身のブログで世・織・展のこと、このPUENTEのブログのことを紹介してくれました。ありがとうございます。
http://www.ando-kobo.jp/b/

安藤さんのブログによると
「映画「しがらきから吹く風」でも有名な「しがらき青年寮」の陶器」とありました。

おお、信楽青年寮を映像で見れるなんて、知らなかった!
どうにか入手しなければ。

安藤さんは横浜市の地域作業所で木工の技術指導をされていたりと、福祉の世界でも有名人。

ボリビアで活躍するフォルクローレのプロのミュージシャン「カルカス」のまことさんの知り合いだったり、、、
あらゆる方面に精通している方で、気になる。。。
ブログに書いてあることも、、好奇心がかりたてられます。
ちなみに、安藤さん経由でギャラリーに来られる方がけっこういます。ありがたいことです。

ちょっと昼寝 ならぬ 夜寝 をしてしまい、ブログの日付が変わってしまいましたが、これから本寝?で、3日目も頑張ります。
posted by PUENTE at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

世・織・展一日目

omote.jpg
ついに世・織・展が始まりました。

10時から2時までの間に搬入とセッティングをとりあえずして、お店をどうにかつくりました。百屋のSさん、ポンナレットさん、カプカプのスタッフとメンバーさんの助けがあってこそでした。ありがとう!

お客さんは予想以上に来てくれて、初日から好スタートです。

naikan2.jpg

お店は作りこんでいくものと、小売店の方を見ていて思うので、6日間だけですが、どんどん、お客様が商品に興味をもってもらえるディスプレイに変えていきたいです。

今のところ、作ったハンガーラック、壊れず、活躍しています。

初日に安藤和夫さんは、2本のすいはつと2本の短冊をかけるものを持ってきてくれました。そして、早速、1本千葉の方へ嫁いで行きました。うれしいな。

andosan.jpg

さて、明日もにわか店長頑張るべく、今日は早めに休みます。
おやすみなさい。
posted by PUENTE at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジアのクロマー

cloma.jpg

ついに明日から(ブログ書いていたら、日付変わって今日17日です。)世・織・展が始まります。
明日は14:00からです。お待ちしています!

搬入・ディスプレイの時間は10時から4時間。がんばるぞー。

さて、今日はponnaletさんが展示するカンボジアのクロマーを紹介します。

ポンナレットさんはカンボジアとラオスのつくり手と、手織の技術を使った、布、服、帯などを企画、販売しています。
今回はクロマーを出展してもらいます。

今年、ポンナレットさんは
「クロマー100枚100通り展」を何箇所かで企画中で、
上の写真はポンナレットさんの5月の展示会のDMです。

この写真にあるように、カンボジアではギンガムチェックの綿の布が生活の中でいろいろな形で使われているんです。

DMを見ると私が1999年ごろ?カンボジアを訪ねたのことを思い出します。このように多くの人が使っていました。私も2〜3枚持ち帰り、今でも時々使っています。

今回、ポンナレットさんが用意しているのは、草木染のものもあり、一つ一つチェックの幅やチェックのパターンや色味が違い、選ぶほうは困ってしまうほど、魅力的な布が勢ぞろいします。

男性も女性も自由に使える布です。春めいてきたけれど、首元が寂しい時には毛糸のマフラーの変りに、コットンのクロマーが活躍しそう。夏は頭に巻いちゃってもいいし。
私はクロマーをズボンの上からミニスカートみたいにしてはくこともありますし、カンボジアの人達のように、風呂敷風に工夫してみるのもよし。
オススメです!

ちなみに私が狙っているのはこれ。ギンガムではなく縞々のクロマー。

cloma1.jpg

赤いのも使い勝手がよさそうですね。

cloma2.jpg


カンボジアを旅した時の小話を最後に。

9年前のカンボジアを旅した時にはバイクタクシーを利用して移動していました。プノンペンから川を上ってアンコールワットのあるシェムリアップまで行く日の朝、宿から船着場までお世話になった、バイクタクシーの人達を思い出します。
友達が船が出発する寸前に、「宿のベッドの枕の下にパスポートを忘れてきた!」と思い出し、同じバイクタクシーの人達に宿に戻ってもらったり、数日後、アンコールワットから船でプノンペンに戻ると、船着場に同じお兄さんたちが客待ちをしていた(私達が帰ってくる日は一応聞かれていたのですが)ので、すっかり仲良くなったのです。
次の日に「川で泳ぎたいから連れて行って。」ということで、川でみんなで泳ぎました。そのとき彼らは頭にまいていたクロマーを水着代わりにふんどしのように着ていました。
彼らはまともに泳げなくて、私が泳ぎを教えたっけ。

あまりに観光地化しているところは、みんな目つきがちょっと「お金」モードになっている感がありますが(近隣の国ベトナムはそれが感じられ、タイのバンコクでも多少)、当時のカンボジアはそんな雰囲気がなく、また、いやらしい目つきをされることもなく、カンボジアの人が大好きになりました。

私が生まれたころにあったポルポト派による大虐殺で200万人が亡くなった国。当時の人口の1/3とか1/5とか言われていますよね。

当時訪ねた収容所や死体が埋められた場所、ここ数年の間に見た虐殺された側と虐殺した側を追ったドキュメンタリーのことも思い出だしました。
過去に背負っているものが大きな人達が私にくれた笑顔。前を向いて生きている。そんな笑顔でした。
クロマーをきっかけに彼らを懐かしみました。

今回、クロマーを織っている人達も、前へ進むべく、カタン・コトンと織ってくれているのかな。

いつか、いろいろ余裕が出来たら、学生の頃訪ねた国々をもう一度訪ねてみたいです。街も生活も変っているだろうし、私も変っている?はずだし、、、また違う見え方があるのではないかなあ。
posted by PUENTE at 00:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ぐらするーつさんからはチョコレート

dagoba2.jpg

世・織・展が近づいてきました!(3月17日〜22日)

昨日木曜日の夜、ぐらするーつさんにスカート&パンツ用のハンガーを借りにいきました。

PUENTEは衣料はニット物ばかりで、ハンガーがあまりなく、、
今回は(今回も)ずうずうしく、ハンガーだけでなくトルソーもいろいろなところからお借りします。皆様ありがとうございます。
(トルソーは自分が買った分も含め2体!
ネパリバザーロさんのお洋服をかわいくコーディネートします。
ドキドキ。)

ぐらするーつさんは
珈琲工場&百屋との付き合いが長く、PUENTEも、事業を始める前から相談に載っていただき、現在もPUENTE商品を扱っていただいています。

お店は渋谷のハンズの近く。世界各地の生産者とのお付き合いを大事にするお店で、衣料品、雑貨、安全な食品などがたくさん揃っています。
お店に立つみなさん、とてもハートが暖かいんです。是非お店にいったら話しかけてみてください。商品の説明も丁寧にしてくれますよ。

渋谷の人ごみには負けそうになりますが、用事がなくてもついつい帰りに寄ってしまいたくなります。

今回は、ぐらするーつさんからは生産者の顔が見える安全な材料を使ったチョコレートを紹介してもらいます。

dagoba1.jpg

香料の入っていない、ダゴバ社のオーガニックチョコレートです。

チョコレートが大好きな私。今回はダゴバ社の10種類のチョコレートが勢ぞろい。
会期中に何個パクパク食べてしまうことでしょうか。。。。

他の地域作業所3箇所からクッキー、ケーキ、洋菓子なども届きます。
各団体のパネルをデザインしていますが、どこもどれも、おいしそう!!うーん。
これは来週1週間で何キロか太ってしまうこと確実です。
まあ、どれも安全な食材を使っているから、安心して太れるというものです。
posted by PUENTE at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

世・織・展準備着々・・・のつもり。

flame.jpg
最近は、3月17日(月)〜22日(土)に行われる世・織・展の準備をしています。
実はこのイベントの担当者なのです。
初めての6日間限りのセレクトショップの店長になった気分なのです。

商品をお預かりする団体との連絡、ディスプレイ、パネル、搬入、搬出などなど、どうにか成功するようにいろいろ抜かりなくやりたいところ。でも、初めてのオーガナイズなので、どうなることやら。

今回、参加してもらう方々は、みなさん、こだわりあるものをつくっているのですが、今日はその中の一つ、ネパリバザーロさんをご紹介します。

私の服でここ数年増えてきている大好きな!ネパリバザーロさんのものたち。私はそれをどれだけ多くの方に気に入ってもらえるかにかなり意気込んでいるのです。

ネパールのつくり手たちとネパリバザーロさんたちが作り出す服はとにかく着ていて気持ちがいいんです。それは、二つの理由があると思っています。

一つは、風合い。
コットンをはじめとする天然素材を手織りした布。草木染の風合い。
体を締め付けないゆったりとしたデザイン。
とにかく着心地がよく、姉と取り合いになるほど。
そしてもう一つは、カタログを通して知る、つくり手のこと、とてもステキな写真と現地の人の息遣いが感じられそうな文章を読むと、どんどんつくり手が身近に感じられ、どんどん着ている服に愛着がわいてきてしまいます。

ここまで自分が好きな服なら、自信を持って販売できる!と本当に勝手な自信のもとに、結構全般的にこの春のコレクションを揃えさせてもらいました。

皆さん、是非見に来て下さいね!試着も出来ますので。

今回、服のすばらしさを活かす様なディスプレイをしなければ、ご協力いただいたネパリバザーロさんに申し訳ないと思い、思い切ってトルソー(マネキンです)をネットオークションで落札!さらに服をかけるハンガーラックを作りました。

flame1.jpg

2月のアースガーデン冬に出店していた
えみおわすさんのハンガーラックがシンプル+持ち運び楽そうで、気に入ってしまい、えみおわすさんにもオススメされて、その変形バージョンをつくってみました。
PUENTEはまだロングコートなどないのですが、長ーいものでもかけられるフレームと、上着やスカート、ズボンなどをかける短いフレームを合わせたものです。
折りたためば、電車でも持ち運べる?(いやかなり邪魔な人です)
軽い!
底には天然ゴムを貼り付けました。
(屋外で使ってもささっとふけるように。)
後は、ニスを塗って防水加工をすれば出来上がりです。
8日に組み立てを手伝ってくれたUさん、ありがとうございます。)

強度的にはかなり不安ですが、とりあえず世・織・展は室内なのでなんとか頑張ってくれるはずです。

これにネパリバザーロさんの服がズラッと並ぶかと思うと、、、
いやー。マイッチャウ。楽しみです。

あとは、
スカートやズボンをつるすハンガーも作らないとです。


ちなみに1枚目の写真に載っているワンピースはネパリバザーロさんのものではありません。メキシコの古着です。ネパリバザーロさんの服は世・織・展で実物をご覧下さい!!
posted by PUENTE at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

Mexico オアハカの世界

oaxacalindo.jpg

9月の展示会を一緒にやったTRENSA主宰の友人が今池袋のzozoiというステキなカフェでメキシコのオアハカという町のものをいっぱい集めた展示会:オアハカリンド展をしています。
彼女の本の出版記念イベントでもあります。

その本がすばらしい出来なんです。

彼女のファインダーを通したオアハカのそこかしこが美しく、かわいく、、、
写真家と呼びたいぐらいステキな彼女の写真がとにかく沢山詰まっています。何気ない町の情景にそこに暮す人々の自然な表情。見ていてワクワクしちゃう。まだメキシコは行ったことがありません。いつか必ず行きたいな。
ちなみにこの本は1300円+税。とてもお安く、びっくりです。

残り二日ですが、是非皆さん行ってみてください。
zozoiさんは1階がカフェ。バナナやかぼちゃのおいしいケーキがありますよ。
2階がギャラリースペースになっています。

この展示会は夜10時まででイベントに合わせテキーラバーもあるんです。
テキーラにもいろいろあって、熟成されたものは、泡盛のようにまろやかだった。。。。
明日は早朝から岐阜の友人の結婚式へ行くので、1杯しか飲まなかったけれども、、、他も試したかったなあ。。。

今日は、9月に展示会をやらせてもらったギャラリーhyggeのオーナーさんと一緒に行きました。
仕事を通して出会った人たちとプライベートでも仲良くできるのが楽しい今日この頃です。

オアハカリンド展はこれから京都でもやるようです。
池袋では11月24日までです。

詳しくはTRENSAさんのブログをご覧下さいね。

zozoiを紹介しているHPはこちら
posted by PUENTE at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

カタログ完成間近!

ふー。おはようございます。朝の4時半です。
ここ2週間ほど、展示会の準備と平行して、作っていたカタログがついに完成しようとしています。といってもこれから、間違いがないか細かいところをチェックしたり、社長の校正が入ったり(社長は編集者なので、どれだけ直されるか、、怖い!!)、もしかしたらまだ完成は程遠いのかもしれません。
とにかく、12ページの紙面が一応全部写真と文字で埋まったという達成感で、こんな明け方にブログを書いています。(ここ1ヶ月全く書いていないので。。)
あ、このカタログ卸のお客様用です。

今年のカタログは以前のものよりもパワーアップしているはず。
でもここまでの道のりは長かった。写真の切り抜きというのに初挑戦。大学時代の友人二人にも、泣きつき、パス抜きを手伝ってもらいました。するとぐっとカタログっぽくなりました。
また、その友人のうち、一人はカタログ作りのプロなので、一枚完璧なものをつくってもらい、それをもとになんとか他のをやりました。
Mちゃん、Aちゃんありがとよー!!!!!

本当はもっとページを使って、モデルさんの写真で一枚バーン!っていうのをやってみたかったのですが、それはかなわず、16ページを12ページへという限られた紙面の中でパズルのように組み上げるのは、何とも難しかった。

読み辛かったらごめんなさい。

卸し先のお客様からは、カタログまだ?と方々から言われています。
はやく今週末には印刷までして送りたい!じゃないと、注文もらえません。

そうそう、自分のことを何でも喋ってしまう悪い癖ですが、このカタログ完成への道のりで大変なことがあったのです。

金曜日の夜、お客様のお店へ向かう途中に、東横線にカタログデータが全部入ったパソコンの入ったリュックを網棚に忘れて、私はスタスタと渋谷駅へ、電車を乗り換えてから、「何かわたし身軽?」(いつもリュックとバッグを持つ荷物王です)と思ってやっと気づいたのです。打ち出したカタログ案をチェックしながら電車を降りて、パソコンを忘れるという。なんという大失態!!
東横線の駅員さんに電話をすぐかけ、武蔵小杉まで戻っていったその電車の中から見つけ出してもらい、武蔵小杉まで引き取りに行きました。

「データ紛失 何より怖いの 私自身」(字あまり)

自分がとても不安です。将来どうなっちゃうんでしょうか?
どう気をつけたらいいのだろう。なくそう、忘れようなんて全くして思っていません。
ナビタイム?のおじさんじゃないけど、誰か私を見張っていてー!!「おい。お前忘れてるぞ。おい。お前口開けて寝てるぞ。」
うそです。ちゃんと一人前の人間になろうと思います。
とりあえず、ちゃんと睡眠をとろうと思います。
ちょっとお休みなさい。


posted by PUENTE at 04:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

帰国しました

8月10日金曜日 無事帰国しました。
いつも通りの「飛ぶ鳥後をにごす」でした。
進歩がありません。

ペルー、ボリビアの皆様
なんとか帰国させてくれてありがとう。

日本の皆様
お元気ですか?
3ヶ月ぶりに帰りました。

こんな暑いなんて!みんなどうやって生き延びているのでしょう?数年ぶりの夏を楽しみにしていましたが、早くもへこたれそうです。暑いけどクーラーは苦手な方で、、はてどうしたものか。と考えています。とりあえずハンカチをぬらして首に巻いています。

時差ぼけはまだありますが、今週から横浜で働いています。
午後に眠気が襲ってきます。

こちらクーラーなしの西日ががんがんあたるビルです。
ひょえー。横浜の海から風吹いてきてくれよー。

帰国時、持ち帰った65kgの荷物が、今日の午後、成田から届きます。アルパカほかほか製品。本当はこの暑さで見たくも触りたくもありませんが、大事な秋冬商品です。
気合だ。

さて、ついに日本の夏に久々にいるわけです。
どうやらまとまった休みはないようですが、どうにか「日本の夏」(海、山、川、花火、etc)を楽しみたいと思います。
みんなよろしくねー!
posted by PUENTE at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ネパリバザーロを訪ねて

PUENTEの仕事を始めたころ、自分がやりたいことが既に長い実績を持ってやり続けられているネパリバザーロさんのカタログはバイブルのようだった。(今も毎号バイブル。)

カタログは丁寧に作りこまれていて読み応えがあり、商品に、生産者たちに興味が大いに湧く。商品はPUENTEの営業先にほぼ売っているので試着してみると自分にしっくりあっていつしかけっこうネパリの服が増えている。

19日の月曜日、ついにネパリバザーロの代表土屋さんにお会いできることに。どきどき。

正直、PUENTEは、まだ数店のお店で少しずつ売れてきても、生産者への支払い、材料費、仕入れにかかる経費(これが大きい)などが高すぎて、日本で生活していけるような売上は上げられていない。
ど素人で始め、わからないことだらけ。価格設定も売り方も、やり方も今後見直さないと継続した仕事にはならない。
生産者との関係もまだまだだし、生産者の技術、生産能力もまだまだだし。。。今までボリビアばかりにいて、日本での営業を怠っていたから売り先が少ないし。さてどうしたものか?
といつも考えていた。

土屋さんは大変お忙しい方なのに、丁寧な対応をしてくれた。見事に私のこんな状況を把握してくれ、適切なアドバイスをしてくれたのだった。もやもやしていたものが、なんだかうっすら見えてきた気がした。

私が経験している現地生産者との悩みなど全て経験済み、それを乗り越えた上での助言は本当にありがたい。
そしてあたたかい応援もしてくれる。

2枚組みベストの予約までしてくれた!
ショップでの小物のお取扱いも検討してくれることに。頑張るぞー。

今後、自分なりに考えていたあれこれも、根底から考え直してみたい。

そして、私にはまだまだやっていないことだらけ。それを一つずつやっていこう。

お昼に呼んでいただいたため、スタッフの方たちともお弁当をいただきながらお話することができた。土屋さんをはじめ、みなさん暖かい。「みんなも幸せで、自分も幸せ」そんな雰囲気だ。

私は多くのネパリバザーロファンの人を知っている。
そして多くの人から土屋さんにお会いして相談にのってもらうことを薦められていたのだった。今回会いに行って本当によかった。
土屋さんとネパリの皆さんとの出会いに感謝!

ネパリバザーロさん
http://dp00000118.shop-pro.jp/
posted by PUENTE at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

皆様 本年も宜しくお願いします

皆様

昨年中はPUENTE、落合共に大変お世話になりました。
多くの人に支えられ、迷惑をかけ、、、暖かい言葉に励まされ、PUENTEは何とかやっています。皆様ありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

数年ぶりの日本の年末年始をすっかり満喫!初詣に仕事でお世話になっている方たち(仲間)と行って「吉」を引いてみたり、いろいろな仲間との新年会があったり。

今回の秋冬シーズンは、3年目。昨シーズンよりは好調ですが、売り切れたものは、最初から生産量が少なく、売れるはず!という勝手な勘のもとに作ったものたちが売れずに残ってしまったりと、中々上手くはいかないものです。

2月3日4日のアースガーデン冬でどうにか全て売り切るぞ!と燃えています。

生産者とのつながりは、まだまだ構築中。中々日本から注文して、ちゃんと指示通りにものが納期通りに届く。なんて関係は夢のまた夢。
これは時間をかけて、意識的な共有からしていかなくてはいけません。

今年の目標は、まず人間として「まともな人間になる」です。
仕事では、日本で一緒にやって行ってくれることになった会社の迷惑にならないようにすること。
生産者との関係づくりをしっかりとさせること。
あと日本の卸し先をもっともっと増やす。

以上、決意新たにがんばります!

皆様にとっても良い1年となりますように。



posted by PUENTE at 12:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

People Tree で大人買い

木曜日:
夕方。青山あたりにPUENTE商品が置けるところはないかと、ぶらぶらした。

土地が高いところでは、利益率が高いものを置かないとやっていけないのだろうな。小さなお店もとても高いものを売っている。

そんな中、フェアトレードショップの先陣を切ってがんばっているPeople Treeが表参道の横道に店を出してがんばっている。(ちなみにここは直営店なのでPUENTEのものは置いてもらえない。)
そこの店員さんが、以前他のイベントで声をかけてくれてお友達になったので、訪ねてみた。
気がついたら服がボリビアに移動していたので、着るものがあまりない私は、買いたいものもあったし。

店員さんはみなやさしくフレンドリーで居心地がいいお店。

いろいろ買ってしまった。
★手織りのコットンの黒いズボン 7500円
=今までフェアトレードショップのズボンはあまりなくって、あっても形がO脚の私には合わなかったけれど、だんだん私に合う形が出てきた。ちょっと太めなので、自分でしぼるところを絞ってはくつもり。
手織りの生地で7500円はお買い得と思われます。

★オーガニックコットンロングタートル 3500円
http://www.peopletree.co.jp/06aw/06aw_w_oc_06.html
People Treeのオーガニックコットンは数枚持っている。
今回は寒がりな私にタートルネックのものを。

なんだかナチュラル素材100%のものを着るようになってから、化学繊維の服をだんだん着る気がなくなってきてしまった。肌に近いところはなおさら。
これも安いよなあ。青山の自然素材の服を集めたお店で、同じようなものが1万以上していたのに。
ペルーのオーガニックコットンは一度仕入れに行ったことがあるけれど、私には手が出ない金額だった。
People Treeはインド産らしいけれど、、、大丈夫なんだろうか?

母親にも着せて、母親にも買ってあげよう。
年をそれなりにとって来た人の貫禄は、自然素材の衣料が合うと思っている。母親の洋服素材チェンジ計画をじわじわ進めている。(PUENTEのアルパカ衣料、ウールストールなど、買っていただいています!)

★ボリビアのカカオ入りチョコレート 250円 ビターとスーパービター
http://www.peopletree.co.jp/06aw/06aw_f_c.html
ボリビアのEl Seiboというカカオの生産者組合があり、そこからカカオ、フィリピンからはマスコバド黒糖をスイスへ。
スイスの高度な技術でチョコレートになっている。

チョコレート好きとしてはついつい買ってしまう。

★手帳・3200円から960円引き!(ちょっと汚れがあったから。安くなっていた!私は全く気にしないのでラッキー!)
刺繍がいっぱいでとってもかわゆい。
去年買ったPeople Treeの手織り生地の手帳は、悲しいかな落し物王の私はペルーでさよならしてしまった。。。
ということで、また買った。

とまあ、私にしては大人買い!をした一日でした。

(この大人買いという言葉を覚えて、使えてうれしい!だけど、大人買いとはもっと違う次元の話と思われますが、私にとってはこれでいいのです。ボリビアの物価からすれば相当な大人買いですし。)
posted by PUENTE at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

帰国しました

昨夜無事帰国しました。

32キロX2個の荷物と、手荷物と言いつつ書類ばかりで大変重い手荷物(たぶん二つ合わせて18キロ近くあるんじゃ?)、荷物に入りきらなかったジェケット、コート、ショールなどなど。自分でもやりすぎ?と思いました。

ロスアンゼルスでは、mixiで知り合った方がお迎えに来てくれて、福岡風焼き鳥店でご馳走になりました!ホテル⇔空港の送迎本当に助かりました。ありがとうございます。
世界中で生活する日本人の方に会うのは楽しい。

ロスアンゼルスでは朝1時間ほど散歩しただけでしたが、
住宅街を歩いていると、人とめっきりすれ違わない。8人ぐらいかな?皆さん車でビュンビュン移動です。
これはイラクを攻めても国民が否定できない環境だな。と思ってしまった。

成田には、NGO時代からお世話になっている与那国島出身のおじさまが私が荷物一杯で帰ってくるだろうと心配してくれて迎えに来てくれました!ありがたいです。

家に着きました。遺骨になってしまった祖母と対面しました。昨晩は遺骨の前で寝てみましたが、やっぱり会えませんでした。

朝、仏教に詳しい友人とチャットをしたら、私の祖母の魂と会いたいというような思いは強すぎると祖母にとって重荷になるかもしれないので、49日後に天国に行く前の修行があるらしく、それに専念できるように明るく送ってやったらどうかと言われ、その通りだと思い直しました。こんな時は「そうか修行するのか!」と素直に信じてしまうから不思議です。
葬式の写真を見ましたが、引導や短刀が納められていたり、手に籠手?みたいなものが付けられていたりで、これから三途の川を渡るのだそうです。私は身内の死が物心ついてから初めてなので、すべてが驚きです。

朝食を久しぶりに家族と食べたら、
白米の量が私がボリビアで食べていたものの1/4ぐらいで、こんなことにもびっくり。皆さん少食です。でも日本にいると確実に太る私なので、これに慣れようと思います。

朝のテレビ番組で、日本でも核保有論が出はじめていると知り、遅ればせながらびっくりしました。反対です。

これから住民登録して、携帯を回復させて、銀行行って、SEIYU行ってセゾンカードでキャッシングした分のお金を払って、できればPUENTE横浜(世織書房内)に行き商品の発送、在庫の整理、委託商品返品分の整理等をして、明日には熊本のお客様を横浜にお連れして秋冬ものをご覧いただいて、、、

さて、
時差ぼけでだらだらしないでがんばらないと。かわいい猫ちゃんたちが2匹午前中からお昼寝してますが、それに誘惑されないようにしないと。(でもやっぱり可愛すぎる猫ちゃんたちだ!!)

姉には、さっきも家に電話が入り、今日から横浜に毎日出勤しろ!と監督されています。ちなみに「HOLA」と電話に出てしまい、そんな自分にあせりました。

今日も長くなりますが、生産者からの納品情報をここでご報告です。
1.ペルーの生産者日曜日(月曜朝出発で)夜9時前に来ました。三角ストール10枚中1枚足りずじまい、朝まで修正をしてました。清算しようにも相手は一切おつりなど持ってこないので、私を空港まで送って空港で両替して清算してお別れ。

2.マクラメマフラーの生産者。やっと日曜日夜9時半に携帯につながったと思ったら、今打ち合わせが終わってティワナク近くだ!なんて言いました。この人本当に仕事してたんだ!!!そして朝空港に商品を納品しに着ましたが、注文分の1/3でした。どうしてくれるんだー!しかも1/3の納品分は私の前金でまかなえてしまったので、空港での支払いはなく、それを知ってかなりがっかりした様子。(前金払って私が損した気分です)

3.マクラメ手袋の納品者は他のものは納品して、マクラメ手袋は納品できませんでした。あー心配。

4.タグのおっさん。日曜日午前中に納品して、私がタグをチェックする時間が待てないと、また夜来るといっていなくなりましたが、結局清算に来ませんでした。これはもう4ヵ月後とかの支払いになります。相手の勝手ですからしょうがないね。

と言うわけで、本当にぎりぎりな人たちでした。
というか間に合ってないか。。
未納品分の送料は私の負担になるわけなんです。
甘いわ私が。

さて、これからの日本生活。多いに仕事にプライベートに楽しみたいと思います。みなさんよろしくです。
posted by PUENTE at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

最近の私2 展示販売会に参加

先々週の土日は東京ビッグサイトでの展示販売会「ものづくりビッグギャラリー」に参加。
土曜日は、元ボリビアの協力隊でお友達のTちゃんに、日曜日は姉に販売をお願いする。
商品の搬入、搬出はいつも私をバックアップしてくれる世織のIさん。土曜日の売り上げが好調で(といっても5万円台ですが、、、私にしてはすごい)
ちゃんとアルバイト代もクリア。
Tちゃんパワーが利きました。
今回も本当に皆様の協力があって、この展示会に参加できました。ありがとうございます。
卸先のお客様が仕入れに来るかも?という目論見ははずれましたが、
puenteの新作をお披露目できたことと、大きな展示会の出店を経験できたことは収穫です。
また、いつも通り準備不足で、迷惑をかけてしまいました。
あー。準備に余裕が持てたことがない。いつもぎりぎり人生。反省。しろ!
Tちゃんの営業力、包容力すごいなあ。感謝です!
posted by PUENTE at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

どたばた。フラフラ。焚き火で着陸不可?

15日、16日、家にある在庫を横浜に移している。
商品が多すぎて在庫リストを作るのもくらくら。

16日は、朝から
1.請求書の発行
2.ある人からある人へのあるブツを持っていく役目を担い、その受け渡し。
3.区役所で転出届けと、年金、保険関係の整理
4.昼青山で大学の恩師とランチ
5.青山骨董通り「もりた」のお上さんへ色々お世話になったお礼の挨拶。(最近はおみやげにはいつもボリビアのフェアトレード&オーガニック珈琲だ)
6.青山のアンティークもの卸先のお店へ集金に!(仕事のアドバイスをもらう。ありがたい)
7.横浜へ在庫整理
8.ボリビアからの頼まれごとの調達
(ガクトのDVDを買ってみる。(なぜか店員に、あの友達でガクトのファンがいて、、、なんて言い訳をする私)
(うなぎの蒲焼真空パックを探して1時間。要冷蔵のものしか見つからず、、また明日!)

さすがにここのところの自分の不始末による、睡眠不足で体はふらふらしてきた。横浜の地下街をつまづきながら歩いて、荷物はいっぱいだし、変な人に見えなくもない。

夕飯もとらずに10時半すぎ家に着くと、、、、、、、
本当は最後に会おうよと言われていた高校時代からの親友二人が家まで来てくれていたのだった。
(私は絶対に終わらない仕事を前に、会いたいけど無理だー。と言っていた。そんな自分に嫌気が差していた。)
うーん。感激。この二人はかなりハードな生活を送っていて、無理して来てくれたんだなあ。ほっとする一時をすごせた。3人おそろいのブレスレットをプレゼントしてくれた。

さて、まだ終わらない数社への請求書、家の片付け、商品の発送などなど、、、やることはいっぱいだ。

そうそう、この日記を書こうと思った、ネタがあった。
ボリビアの知人からの情報。
*******************
ところで、ラパス着は24日でしたっけ?
ほら、23日はサンファンでしょ。
ラパス市内は今年もフォガタは全面禁止ということになったけど、
エルアルト市のほうはフォガタOKと発表されたらしいです。
(フォガダとは、焚き火のこと!一番寒いこの時期に畑に霜が下りて農作物が死なないように煙を田舎では炊いているけど、その流れにあるものだと思う。)

・・・・・で、どうなるかというと、・・・・・・
23日夜から24日にかけて空港上空の状態によっては
飛行機が着陸できなくなる可能性があるんですよ。

何年か前だったけど、学校の用事でサンタに行って、
23日夜8時の飛行機で帰る予定が、
煙のためにラパス上空飛行不可能ということで、
飛ぶとか飛ばないとかサンタでぐちゃぐちゃ言ってね、
結局4時間ぐらい遅れて飛んだからよかったけど。

・・・ということがあったので、予定通りにラパスに着かないかもしれません。
ちょっと心に留めておいてくださいね。
*********************

ふーん。サンタクルスならその事情を知っているし、飛んで一時間のところだから、出発遅れさせたけど、9時間?ぐらいあるマイアミから飛ぶアメリカンエアラインの場合はどうなんだろう。。。
まあ、視界不良で着陸されても困るし、、どうなんだろう?
他の飛行場に下ろしてくれるのかしら??
まあ、どうにかなるかなー。

泣いても笑ってもあと30時間ぐらい??
さあ、ラストスパートがんばりまーす!!

18日夜から23日までNYです!美術館めぐりや少し営業もできたらいいなあ。なんて。終わらない仕事をパソコンに向かって片付けていることもありだなあ。

posted by PUENTE at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

鎌倉いいとこ

11日、大船駅から一つ目の駅、本郷台にあるネパリバザーロのお店に行く。
ネパリバザーロでうらやましくも働く方と1時間だけ会える機会があったので。ボリビアから一時帰国していた夫妻とその方で一緒のランチ。

いつも忙しそうなその方、やっぱりこの日も忙しかったらしく、30分だけお会いできた。今度の21日の私も参加するフェアトレードのイベントにネパリさんも参加するというので、そこでまた会えることになった。

その後、いざ鎌倉へ!
長谷に住むお友達のお姉さんと初対面し、近くの素敵なカフェへ。そこで、私の商品を見てもらい、お薦めのお店を推薦してもらった。(それは木曜日お休みの店なので後日行こう)

同じく長谷にあり、海が目の前の麻心というお店に私のアクセサリーを置いてもらえないかと思い、一緒に行ってみる。
http://www.magokoroworld.jp/

実はここのオーナー、ヘンプアクセサリーで有名な方のようだ。
そして、南米を10年ぐらい前に放浪していてボリビアのことも知っている。
彼自身が作るアクセサリーとかぶるということもあり、アクセサリーはダメだったけど、ジュートで編んだバッグを二つ買い取ってくれた!
そして、私の商品を置いてくれそうなお店を二つも紹介してくれたのだった!
私の仕事へのアドバイスも真剣にしてくれて、オーナーの心意気がうれしかった。

私の仕事をバックアップしてくれている
珈琲工場&百屋のボリビアのフェアトレード&オーガニック珈琲のサンプルも受け取ってくれた。こちらでお付き合いできたらうれしいな。

海をながめてゆっくり、オーガニックフードがいただけるお店。地球にやさしく生きる事を提案する本とかもいっぱいある。
またゆっくり行きたいところ。

エボ・モラレス政権誕生記念カレンダーをプレゼントすると約束してお別れした。

夜は、なんとそのお姉さんがお友達を呼んで、集まってくれて!!お食事会を鎌倉で。

素敵なお店でおいしいものを食べて楽しいお話をして。。
魅力的な鎌倉ライフが垣間見えた。
なぜかかなりご馳走になってしまう。
ありがとうー。

また、鎌倉に卸し先を見つけに行くぞー。

仕事もあったけど、それ以上に「お出かけ・小旅行」モードとして
楽しんだ一日だった。それも温かく迎えてくれた鎌倉の人たちのおかげです。ありがとうー。
posted by PUENTE at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

地道な仕事

acce_naosi.jpg
ここ4日ほど、何をしているかと言えば、地球人倶楽部に追加の納品をしに行った以外は、家で地道にピアスの金具を付け替えている。
ボリビアの生産者の作るピアスの金具は、どうも真鍮しかない。なぜか、誰に素材を聞いても「アルパカ」としか言ってくれない。アルパカと言えば、高級繊維の動物、、「これもアルパカかよ!!」一人で突っ込む。アルパカ=真鍮なんだと思う。

私は肌がかなり敏感なのに加え、このアクセサリーの開発をするまで数年、ピアスをしていなかったこともあり、やはり荒れる。
そこで、思い直して荒れにくいというチタンの金具に替えることにした。そういえば私がピアスを初めて開けたときの、ファーストピアスもチタンだったな。

その金具はKIWAで買う。浅草橋にお店があって、50ペアで998円だ。その取り付けは、さくさく取り替えられるものと、そうでないものがある。そうでないものは、やっかいだ。
金具に紐を結びつけたタイプのもので、前の金具を抜くと、その穴がなくなってしまう!かなり手先の細かさが要求される。チタンの方が少し太いこともあり、上手く入らないと、、、イライライラ、、、キー!!

すでに200ペア付け替えたけど、、、
ちゃんと数えたら450ペア近くあるピアス、、、
そして金具を300ペアしか買わなかった私。
バカすぎる。
っていうかかなり在庫余ってる私。勝手に自信あるわりに、まだお客さんから追加の注文なしだなあ。うーん。売り方考えよう。
この金具の付け替え時間、ほかに営業に使った方がいいのか?こうして商品のコストは高くなっていく、、、、次からはチタンの金具を日本から持っていこう。

そんなことを考えながら、ひたすら付け替える。
そして、イライラしちゃったり、目や肩がこったら、すぐかわゆいねこちゃん「ゴンタ」と「ゆー」のところに逃げるのだ。

つい先日、毛のながーいゴンタは、
gonta_before.jpg
あまりの毛玉っぷりに虎刈りにされたのだった。(ちなみにブラッシングしようものなら凶暴化して無理です)
gonta_after.jpg
毛の長いバージョンと短いバージョン、同じ猫で2度楽しめる。うーん。かわいい。この猫がいるからだらだらしちゃう時間も長いけど、、でも救われている。
posted by PUENTE at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

練馬にフェアトレードショップがOPEN

今日の営業はなんと地元練馬駅の近く。

北池袋にお店があったはっぴいれいんぼーさんが練馬のTrees Cafeと合体したのです。
http://www.treescafe.com

私が知っている限りでは、練馬でフェアトレード雑貨、珈琲をはじめ食品が買えるお店は初では???
ガンバレー!ああ。練馬区民に受け入られるといいのだけど。

お店の雰囲気は、手作り感いっぱいでやさしく包まれている感じ。お料理もおいしそう。

明日リニューアルオープンだそうです。
お客さんくるといいな。

苦戦している陶器のニワニワニワとぐるぐるシープも一部買取で置いてくれ、うれしい限り。
あと植物の実や種でできたアクセサリーとムシムシシリーズも扱ってくれる。
売れるといいな。

ちなみに、地元だとたかをくくり「ああ、この場所らへん知っている!」と地図を印刷もせずに出発し、勝手に1階にあると思い込み、見つけられずにぐるぐるし、、、交番にまで聞きに行くがわからず、、、ばっちり遅刻をしてしまったのでした。ああ、なんて情けない。社会人として恥ずかしい限り。。

その後、下北沢に私が一応所属しているNGOの用で行った。
下北沢は高校、大学までは時々行った。古着屋めぐりをしていたっけ。あと飲みに。まさに若者の街。今日もおしゃれな若者がいっぱいだった。
かわいくて「安い」ものがいっぱいのこの街で、私のアクセサリーが売れるお店はないかなー。と少し見て回ったけど、、
うーん。ここだ!というところはまだ見つからなかった。
でも探せばありそう。ただ下北沢を隅から隅まで歩くのは、人がいっぱいいるし疲れるなあ。もう昔より気が若くないのかな?
posted by PUENTE at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。